「戸田競艇」タグアーカイブ

戸田競艇組合議会

戸田競艇組合議会

今日は10時から戸田競艇組合議会です。
主な議案は、平成27年度決算認定の他、「戸田競艇組合」から「戸田競艇企業団」に移行するに伴う関係条例の整備等に関する条例などです。
この他、外向発売所の進捗状況(平成29年2月オープン見込み)、売上等が報告されました。
売上は、11月20日現在で戸田組合が約103億9712万円、都市組合が約123億5976万円だそうです。

すべての議案等について原案通り可決し、本日は閉会しました。

kyoutei

戸田競艇組合議会ー平成27年度一般会計決算認定

戸田競艇組合議会ー平成27年度一般会計決算認定

今日は14時から戸田競艇組合議会の委員会です。
戸田市、蕨市、川口市の戸田競艇組合議会議員が集まりました。先日開会し、今日は常任委員会(総務・業務)に付託された議案等の委員会審査を行いました。
私は業務常任委員会に所属しているので、主に歳出の「開催費」(約476億円)について審議しました。

今日の審議の中で注目したのは、
●開催費について
当初予算が約433億円だったのに対し、電話投票(いわゆるインターネット投票)の売上が好調だったことなどから約50億円の増額補正をしたものの、そこまで売り上げが伸びなかったこと、他方で受託委開催費(他場のレース)の売上が約2億円上がり、全体としては約11億円が不用額となったこと。
●外向発売所について
周辺住民との話し合いにより設置場所が二転三転し決定が遅れ(その後決定)、システム構築等にも時間がかかり設置費用3億円が不用額となったこと。

委員会では賛成多数で原案通り賛成となりました。

kyoutei

第3回戸田競艇組合議会定例会

第3回戸田競艇組合議会定例会

14時から、戸田競艇組合議会定例会です。
戸田、川口、蕨の三市からなり、新たに互選された議員の紹介等からなり、主な議題は平成27年度戸田競艇組合一般会計歳入歳出決算認定です。
平成27年度は、歳入が約516億4676万円、歳出は約495億3066万円です。
歳入のうち大きく占める事業収入については、競争開催収入は約266億1314万円、受託事業収入(場外発売勝舟投票券発売収入等)は約224億581万円です。

今日が本会議で上程されたので、4日に委員会にて詳細審議が行われる予定です。

kyoutei

 

全員協議会ー戸田競艇組合における地方公営企業法の適用について

全員協議会ー戸田競艇組合における地方公営企業法の適用について

今日は9時から全員協議会です。
戸田競艇組合は平成29年4月1日に地方公営企業法の全部適用を進めており、その説明会です。
地方公営企業法とは地方公共団体が経営する企業(地方公営企業)の組織、財務、身分を規定する法律です。
国の方針やボートレース業界の動向を受け、戸田競艇組合も法適用を進めています。

少し難しいですが、法適用になると会計方式が変わったり職員の身分が民間企業に近いものに変わったりして、より強固な経営体質を目指すことができるようです。

zenkyou

第2回戸田競艇組合議会

第2回戸田競艇組合議会

今日は10時から、戸田競艇組合議会でした。
戸田競艇組合議会は、戸田市、蕨市、川口市の三市からなる一部事務組合で、私は戸田市選出の議員になっています

今日の主な議案・報告等は、
○川口市選出議員の改選
○売上報告
○公営企業法の適用(平成29年4月)に向けた取り組み
○外向け発売所の開設準備
でした。

売上報告では、平成27年度戸田組合が約256億円(前年度比約113%)、都市組合が約195億円(同約70%)となり、三市への配分金が計7億円(戸田市3.5億円、蕨市1.75億円、川口市1.75億円)とのことです。
平成28年度(7月10日現在)戸田組合が約41億円(同約78%)、都市組合が約59億円(同約100%)とのことです。

また、公営企業法の適用については、売上減少傾向の中で将来にわたって安定的かつ継続的に三市へ繰り出しを行うこと、企業の経済性を発揮させることを目的として平成29年4月の法の全部適用に向けて準備を進めるとのことでした。

また外向け発売所については計画変更があったことなどから開設日が遅れており、決まり次第報告するとのことでした。

kyoutei

戸田競艇組合議会ー閉会日

戸田競艇組合議会ー閉会日

今日は10時から戸田競艇組合議会、閉会日でした。
戸田競艇組合議会はボートレース(戸田競艇)の管理を行う議会で、戸田市・蕨市・川口市の三市の議員から構成されています。

委員長報告ののち、すべての議案が原案通り可決されました。
今回は特に外向き発売所の場所変更(戸田市のレース場で他場の舟券が買えます)に議論が集中しました。
外向き発売所も始まると、さらなる売り上げアップが期待されます。

ちなみに、戸田競艇組合議会は戸田市議会の議場を使っているので、いつもの議席にカパッと名前カバーを被せています。
が、私は戸田市議会でも戸田競艇組合議会でも2番なので、自分の名前の上に自分の名前カバーを被せています。笑

2 1

[戸田競艇組合議会]平成28年第1回 開会

[戸田競艇組合議会]平成28年第1回 開会

今日は10時から戸田競艇組合議会です。
「戸田競艇組合議会」とは、戸田競艇に関して話し合う議会(一部事務組合)で、管理者は戸田市長、副管理者は川口市長と蕨市長で、戸田市と川口市と蕨市の三市の議員により構成されています。
私は今年で2回目の就任です。

今日は主に平成28年度予算について審議しました。
今年は施設活用、効率化、広域販売、財務強化の4つの基本方針のもと予算編成を行ったとのことで、総額約507億円の予算案が上程されました。
戸田競艇は売り上げが最盛期の十数分の一まで落ち込んでいましたが、新しく就任した副管理者のもと、経営改善が図られています。
平成27年度の実績では、戸田競艇開催が計82日間で約194億円、都市組合開催が計72日間で約156億円で、計350億円の売上です。

平成28年度の戸田市、川口市、蕨市への配分金はそれぞれ4億円、2億円、2億円です。
少しずつ経営改善が数字となって出てきたという感じでしょうか。

今日の議会では、特に外向き発売所について議論が多く出されました。
外向き発売所とナイター開催については、様々な議論があり、外向き発売所についてはこれまでの対岸に作る案が東観覧棟に作る案へと変更になったそうです。

k1

第41回戸田競艇組合議会 三市議員福利厚生事業講演会

第41回戸田競艇組合議会 三市議員福利厚生事業講演会

今日は16時から、戸田競艇組合議会の三市議員福利厚生事業でした。
戸田競艇の配分金は、戸田市:川口市:蕨市に2:1:1の割合で分けられており(平成26年度では約3億円、約1.5億円、約1.5億円)、この三市で懇親を深める事業です。

これまで例年は野球大会を行っていましたが、今年は主催する蕨市のご提案で女性ボートレーサーをお招きしての講演会・懇親会でした。

ボートレーサー養成学校時代の厳しい訓練のお話や初勝利をしたときの嬉しさ、ボートレースの魅力等をクイズを交えてお話ししていただきました。

〇やまと学校
http://www.boatrace.jp/racerbosyu/be_a_boat_racer/learn.html

kyoutei

美里町議会との交流事業ー③戸田競艇

美里町議会との交流事業ー③戸田競艇

その後、戸田競艇へ。
戸田競艇は、以前は戸田市に対して年間約50億円以上の配分金を出していましたが、今は売上悪化により3億円強まで減っています。
それでも、全国24場中第8位の業績だそうです。

広い施設内で使わないところは閉鎖・縮小し、経費節減に努めているとのことでした。
競艇のレース自体は私はさっぱりわかりませんが、今日は初日ということもあってなかなか読み通りにはいかず、万舟券も結構出たみたいです。

t1

t2

4階はここ4年ほど丸々閉鎖しているそうです。

t3
t4t5t6

戸田競艇組合議会

s-DSC_2205

[戸田競艇組合議会]人事院勧告に伴う職員給与改正条例

今日は駅頭後、10時から戸田競艇組合議会です。
戸田競艇組合議会は、戸田市、蕨市、川口市から選出された議員により構成されており、議場は戸田市議会です。
戸田市議会の写真と代わり映えないようにも思えるかもしれませんが、議席番号も異なり、これは「戸田競艇組合議会」の写真です。
偶然ですが、2つとも私の名前の名札になっています。笑

今日の主な議題は、人事院勧告に伴う職員給与改正条例(給与アップ、総額約240万円)で、異議なく採決されました。