[平成28年9月議会]総務常任委員会1日目


[平成28年9月議会]総務常任委員会1日目

今日は10時から、総務常任委員会1日目でした。
一般質問は昨日で終わり、今日から4日間の常任委員会の審議が始まります。
9月議会は決算があるので、常任委員会のボリュームがあります。
一般質問を終えすぐに総額700億円を超える決算を見ないといけないので大変ですが、今回はインターン生に下調べをしていただいたので作業が進みました。

今日の総務常任委員会での議論で興味深いものをお知らせします。

■広報費ーふれあい戸田(総額約1800万円)
毎月1回10分のテレビ番組の製作費(約925万円)、放映料(2社合計約887万円)です。視聴率は1、2%だそうです。総務常任委員会に入って知った事業で、確かにもう何十年も続く伝統のある番組で戸田市の魅力を発信してきた実績があるようですが、市の広報費約4879万円のうち約1800万円かかっており、私は抜本的な見直しが必要だと以前より指摘しています。広報費約4879万円は広報誌の制作(約2408万円)とこの「ふれあい戸田」(約1812万円)でほぼ占められています。「ふれあい戸田」を見直しその分広報誌の全戸配布費用に用いる等、広報費(約4879万円)を何にどのくらい使うのか今一度見直す必要があると指摘・要望しました。

■選挙費ー知事選・県議選(各々約2800万円)、市議選(約8833万円)
知事選・県議選ではともに約2800万円程度がかかって、それぞれ投票率は24.8%、35.5%だったそうです。かかった費用を実際の投票数で割って一票のコストを出してみたら面白いのではないかと思いました(異論はあるでしょうが)。ちなみに、来年1月の市議選では立候補者36人を想定し、総額約8833万円を計上しています

■「総合振興計画」印刷製本費(約92万)
市は多くの事業計画等を発行していて、事業計画の最上位にあるのが総合振興計画です。その冊子の印刷製本費です。フルカラーでデザインも良く見やすい冊子ではありますが、その印刷コスト500部で約92万円、つまり1冊約1800円という点を指摘しました。しかもこれは欲しいという市民の方に差し上げておらず、インターネットで印刷するしかありません。パソコンを持っていても数百ページの印刷は大変ですし、冊子の質を落として費用を抑えて必要な方に差し上げることはできないか等も確認しましたが、過去1冊1000円で販売したこともあったがほとんど売れなかったとのこと。。。市の事業計画が全体的に把握されていないことは市議1年目で指摘し、一覧を作成していただきましたが、その印刷コスト・配布方法も見直す点があるのではないかと・・・。難しいものでしょうか。

総務常任委員会は明日も続きます。

soumu