[平成30年12月議会]議会改革特別委員会


今日は会議の連続でした。
9時から文教・建設常任委員会(付帯決議の審議について)、9時半から代表者会議(戸田競艇企業団議会について)、10時から議会改革特別委員会でした。

議会改革特別委員会では、引き続き①議会のICT化と②政務活動費について話し合いました。
①議会のICT化については、タブレット端末と文書共有システムSideBooksの使用について今後の課題を抽出しました。
戸田の会からは、例えば電子データの印刷の可否、市民の皆さんへの一般公開、市役所6階(委員会室のwifi化)、議会資料だけではなく執行部からの各種資料(事業計画等)の電子化などを提案しました。
先日のソフトバンクの通信障害では、戸田市議会で借りているタブレット端末もソフトバンクだったため、突然使えなくなり、一部審議に支障をきたしました。
議会タブレットということもあり一般のwifiへの接続を制限しており、7階議場はwifiがありますが6階委員会室はwifiがないため、wifi環境を整備してほしいと求めました。

②政務活動費については、やはり全会派の一致を見ず、再度白紙からの議論となりました。
政務活動費は良い制度だと思いますが、対象やルール化等で使い勝手が悪いと感じており、もっと柔軟に実質にあった使い方ができるようにできないかと考えています。
一部政務活動費の廃止(+報酬への上乗せ)という案もありましたが、例えば現在では利用できない個人レポート代や個人としての議員活動にも使えるのであれば、こういう考えもありうると感じています。
ただ他方で、現状では手話通訳について政務活動費の範囲内でのみ派遣可能となっているため、そのあたりのフォローも必要です。
必要な制度だと思いますが、目的にあっているか、本当に市政・市民への還元となっているか、難しさも感じました。