〈無所属県民会議〉会派視察


今日は議案調査日ということで、今回議案になっている戸田翔陽高校及び高校内に新設される特別支援学校を会派で視察させていただきました。
あわせて、同じ県立特別支援学校の草加かがやき支援学校と、荒川水循環センターも視察させていただきました。

午前中に訪れた草加かがやき支援学校は、県内でも最大規模の支援学校で、小中高12年間のきめ細かな教育がなされて、先生方の優しさと子どもたちの元気溢れる学校でした。

戸田翔陽高校は、昼夜三部生で多様性のある高校生活が魅力のパレット校で、不登校経験等も含めて子どもたちの個性を広く受け止め、次のステップへ送り出す特色ある学校でした。

新設される特別支援学校は、現在解体作業中ですが、知的障がいを対象とした高等部で、市内をはじめ多くの方の期待がこもった特別支援学校です。

荒川水循環センターは、下水道に流す汚水を微生物の力を活用してきれいにし荒川へ戻す施設で、普段はなかなか意識をしませんが、私たちの暮らしを支える大切な施設です。

各施設とも、大変充実した視察をさせていただきました。
どうもありがとうございました。