〈無所属県民会議〉北海道清水町ー渋沢栄一縁の地/旧十勝開墾会社及び青淵山寿光寺


今日は、午前中に北海道清水町に「旧十勝開墾会社及び青淵山寿光寺」の視察に伺いました。
清水町は、面積が約402平方キロメートル、人口が約9,400人の町です。
埼玉県が生んだ偉人と言われる渋沢栄一縁の場所です。

①熊牛百年拓墾の碑、開拓70年記念碑
まず伺ったのが、熊牛百年拓墾の碑、開拓70年記念碑です。
明治31年、十勝開墾合資会社によって開拓が始まった熊牛地区は開拓100周年を迎え、その記念碑だそうです。
隣には70年記念碑も立てられており、ともに熊牛開拓のシンボルとして親しまれてきたそうです。

②旧十勝開墾合資会社、熊牛農場の厩舎(渋谷ファーム)
次に訪れたのが、旧十勝開墾合資会社です。
大正8年に熊牛農場の厩舎として建築された建物を一部改築し、現在も渋谷ファームの牛舎として使われているそうです。し
明治30年に渋沢栄一他10名が資本金100万円で旧十勝開墾会社を設立し、開拓を始めたそうです。
交通の不便、気候の寒冷等支障も多かったものの、最盛期には耕作地約8000ヘクタールまで発展し、昭和9年の解散まで続いたそうです。
いまでもたくさんの牛たちがいました。

③青淵山寿光寺
次に訪れたのが、青淵山寿光寺です。
大正4年に十勝開墾合資会社が集会所兼説教所を建てたことに始まり、寺院創建の機運が高まり、大正15年に渋沢栄一の雅号「青淵」を用いて公称したそうです。
農業が始まり、人々が落ち着くと次は心の拠り所として、寺院が建設されたそうです。

④大勝神社
次に訪れたのが、大勝神社です。
熊牛原野に入植した十勝開墾合資会社の小作人たちが地域のℋ達点を願って、明治37年に小さな祠を建てて天照大御神を祀ったのが始まりだそうです。
大正の「大」と十勝の「勝」で「大勝神社」と名付けられたとのことです。

⑤清水町役場
最後に訪れたのが、清水町役場です。
応接室には、渋沢栄一の書「寛而約(かんにんしてやく)ー広い心を持つ一方、つづまやかであるべき」が飾られています。
渋沢栄一は明治41年に初めて清水町を訪れ、3日にわたり熊牛農場を視察し、職員や小作人へ奨励金を渡したり、児童教育費を寄付したそうです。

渋沢栄一は新一万円札になり、埼玉県も盛り上がっています。
今回こうして清水町と埼玉県がつながり、渋沢栄一の縁の地を訪れ、その様子を直接見ることができ、光栄です。
清水町では、町長、議長、職員の皆さんが大変心のこもったおもてなしをしてくださり、また、私たちが視察に伺い、清水町と埼玉県のご縁ができたことを地元紙2紙が取材してくださいました。

清水町の皆さん、どうもありがとうございました。