[平成26年3月議会]一般質問 1日目


DSC_0737
今日は、一般質問1日目。5名の議員が登壇しました。
今日のやり取りで興味深かったのは以下のテーマです。〇東京オリンピック・パラリンピック
戸田ボートコースや彩湖で、練習場や選手キャンプなど貢献できる機会があれば、積極的に誘致していきたいとの市の方針が示されました。戸田のボートコースは、コースの規格が国際規格から外れてしまい、試合としては使えないそうですが、選手村や練習会場などになったら楽しみですね。

〇町会・子ども会
町会は、全46団体、加入率は約60%で減少傾向。
子ども会は、全48団体、加入率は約33%で同じく減少傾向。
大型マンションなどではマンション全体として自治会に入っていないところもあるそうです。市の事業や防災対策は町会単位で行われることもあり、町会に入っていないと困ることも出てくるのではないかと思う反面、煩わしく思う方も多いようで、特にマンションの多い戸田では難しい問題だと思いました。

 

〇オープンデータ
オープンデータとは市の持っている行政データを公開して、広く二次利用をするもの。戸田市では「オープンデータ」とは位置づけていないものの、既に多くのデータを公開しており、ポータルサイトの構築を早期に進める。
オープンデータについては、今回私も一般質問で取り上げるので、ふむふむとメモ。〇がん検診(乳がん、子宮頸がん)
戸田市では、乳がんは40歳以降5歳刻みで、子宮頸がんは20歳以上5歳刻みで、無料クーポン券を発行している。
受診率は、
乳がんは約23.9%(蕨市25.6%、川口市20.9%、さいたま市17.0%)、子宮頸がんは約23.8%(蕨市18.1%、川口市23.5%、さいたま市16.4%)とそれぞれ数値は低いものの、近隣市よりは比較的高い。この数字には職場での検診や人間ドックは含まれないため、実際の受診率はもう少し高めと推測。無料クーポンは平成30年度までは続け、平成28年度には受診率50%を達成できる見込み。
特に女性のがんの受診率向上は私も関心があります。今度の受診率向上対策に注目です。

〇官制ワーキングプア
昨年7月時点で、非正規雇用は621名(非常勤医師や保育士なども含む。職員約900名弱)。戸田市で雇い止めはなく、給与についても近隣市と比較しても比較的高い方(約250万円前後)。

写真は、戸田市の議場の一般質問席です。
戸田市では、執行部と対面方式で行われます。
少し机は小さいのですが、ここでガサゴソと準備して発言します。