[平成27年9月議会]質疑ー納税コールセンター運営業務(641万6000円)


[平成27年9月議会]質疑ー納税コールセンター運営業務(641万6000円)

3つ目です。平成27年度の補正予算です。補正予算というのは、年度途中に「当初予定しなかったけれど、今年度中に予算をつけたい」というものです。今議会上程されたもののうち、新規事業の「納税コールセンター運営業務」というものに、これは何だろう?と質疑をしました。

◇議案第68号 平成27年度戸田市一般会計補正予算(第3号)
款2総務費、項2徴税費、目2賦課徴収費、事業5収納事務費、節13委託料の納税コールセンター運営業務について
(1)現状と、今回の事業でどのように変わると見込んでいるのか。

答弁:
現状では、納期限まで納付のないのが、市県民税普通徴収で約5900件、平均的延べ件数で約19000件と大変多い。これらすべての方に電話催告を行うことが困難。電話催告をできない方の中に滞納額が多額になるケースが見られる。この納税コールセンターを導入し、自主納付を促す。導入後は、他市では約0.1%の徴収率上昇が見られており、本市では約市税全体で約2700万円の効果が期待できる。

再質問:
今回補正予算で提出されているが、いつから納税コールセンターの運営は始まるのか。

答弁:11月1日から実現していきたい。


これまで戸田市は滞納者に対し電話催告を行っていましたが、全体で約19000件と大変多く、全員に公平に催告をすることが事実上困難だったようです。今回他市でも取り入れている納税コールセンターを導入することで、広く公平に催告を行うこととなります。運営事業は約640万円ですが、その効果は他市を参考にすると約2700万円の納税を期待できるとのこと。コールセンターを外部に置くのではなく、担当課内に設置するそうです。11月から実施され、年度内ではどのくらい効果が表れるでしょうか。

〇録画放映
http://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/g07_Video_View.asp…

s3