[平成27年12月議会]一般質問通告


[平成27年12月議会]一般質問通告

12月議会の一般質問を通告しました。
一般質問とは、議員が市長以下執行部に対して、市政全般について政策提案や市政運営の是非を問うものです。
「議会の華」と呼ばれることもあり、議員が自分の政策を市政の場で発言できる大切な機会ですね。
今回は、23人中(定員26人、現職24人、議長は一般質問をしません)13人が登壇します。

今回は大きく2つのテーマを取り上げました。
1つ目は、福祉事業については、①生活保護受給者が社会保険労務士費用の「経費」認定について、②高齢者や障がいのある方などのごみ出しについて、2つ目は、テレワークについて、①市の取り組み、②民間事業者への支援、③公共施設での実施についてです。
登壇日は12月4日(金)です。
準備真っ最中です。


1.福祉事業について
(1)生活保護受給者が障害年金の申請等に際し、社会保険労務士に依頼をした場合の「経費」について。
(2)高齢者や障がいのある方等のごみ出しが困難な家庭の支援について。
2.テレワークについて
(1)戸田市によるテレワーク導入について。特に「戸田市特定事業主行動計画」の進捗状況は。
(2)民間事業者によるテレワーク導入の支援について。
(3)公共施設におけるテレワーク実施について。

〇戸田市議会ー発言通告
http://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/g07_Shitsumon.asp