[平成28年3月議会]質疑ー市役所南通り歩行者自転車道路整備


[平成28年3月議会]質疑ー市役所南通り歩行者自転車道路整備

Q 同通りは子どもや高齢者、子どもを乗せた保護者も多く通るが、整備後は自転車どのように走行することになるのか。
A 市役所南通りは車道での整備を計画しているが警察と協議して決定する。車道で整備された場合は、道交法にて13歳未満、70歳以上、安全のためやむを得ない場合は歩道を走行してもよい。
Q 「安全のためやむを得ない場合」とはどういう場合は。子どもを乗せた場合は含まれるのか。
A 警察が判断するが、路上駐車車両が多いなど危険を避けるため歩道を通ることが避けられない場合が想定される。子どもを乗せた場合は車道を通っていただく。

⇒車道上に整備するか、歩道上に整備するか決まっていないけれど、市としては車道上に整備したく、今後警察と協議するそうです。私自身自転車レーンは賛成ですが、もし車道上に整備されると、自転車原則車道を走ることとなり、例外的に①13歳未満の子ども、②70歳以上の高齢者、③安全のためやむを得ない場合のみ歩道を走ってよいことになり、子どもを乗せた保護者の方は車道を走らないといけなくなります。これは道交法の問題で市が変えられることではありませんが、現実的に危ないんじゃないかという思いは拭えません。

douro