第6回健康福祉まつり


第6回健康福祉まつり

その後、福祉保健センターにて開かれている健康福祉まつりにお邪魔しました。
上戸田の少しわかりにくい場所にありますが、新しくできた綺麗な施設で、普段は検診など保健分野の業務をしています。
一階には福祉的就労をしているカフェこるぽさんも入っています。

健康福祉まつりはその名の通り、健康や福祉に関するお祭りで、育児相談、食育を学ぶコーナー、ロコモ度チェック、タオルわんこづくり、手洗いチェック、頭の体操、保護司会、車椅子体験などのブースがありました。
このほか、戸田市薬剤師会、蕨戸田歯科医師会、蕨戸田医師会の方々によるチェックや相談コーナーもあります。病院ではなかなかお話しできない先生方に気軽に相談できるのは貴重な機会ですよね。
外では消費生活センターや社会福祉協議会の皆さんの出店も賑わっていました。
ブースを回ると色々な健康グッズももらえて、学びつつ健康にもなれるという知る人ぞ知るお得感満載のイベントです。

ロコモ度チェックでは、余裕だな!と思っていた片足立ち上がりができなかったり、大股歩きでバランスを崩したりと撃沈でした。過信してはいけませんね。

高齢者疑似体験もさせていただきましたが、80歳を想定して手足や視覚・聴覚が制限されて実際に施設を一周すると、自分が想像していた以上に不自由に感じました。
福祉を学ぶには、相手の立場に立って考えることが大切だと痛感しました。

今日はとても勉強になりました。
どうもありがとうございました!

1

目にはゴーグルで見づらく、耳には耳栓で聞こえづらく、足や腕にはおもりやコルセットでうごきにくくなっています。介添えの方を付けていただかないと不安なくらいでした。

2

80歳の想定です。

3外には出店や露店が出て、ご家族連れで盛り上がっていました。

4

歯科医師会、医師会、薬剤師会の皆さんも参加してくださっています。