〈お知らせ〉市内全小中学校の体育館にエアコン設置へ


新年度予算は本当に心躍るような、驚くような政策が多く含まれていましたが、その中の一つが市内全小中学校の体育館にエアコン設置に向けた予算です。

昨年夏の「災害」ともいわれる猛暑を受け、私はいち早く議会で小中学校の体育館へのエアコン設置を議会で提案しました。
〇[平成30年9月議会]一般質問①ー熱中症対策
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/17579/

昨年9月の段階では、部長答弁も「慎重に検討する」という非常に慎重な姿勢であり、そのような姿勢はコスト面等も考えれば致し方ないと感じていました。
全国的には教室へのエアコン設置も進んでいない自治体が多い中で、体育館への設置はその先の検討課題であり、導入が進んでいる23区は東京都の予算等を活用してできているものと聞いていたからです。
ただ、将来的には必ず検討が必要になると考え、昨年議会で強く要望していました。

菅原市長とお話しする際も「確かに必要だね」とおっしゃっていたものの、まさかこんなに早く予算化されるとは夢にも思わず、予算書を見たときに思わず声をあげてしまいました。
中学校5校については、平成31年度に設計業務を実施、平成32年度に設置工事を行う予定であり、小学校については中学校の設置後を予定しているそうです。
気になるコストは設計・工事費込み1校あたり4000万円程度、ランニングコストは1校1年間あたり約100万円だそうです。

ハイブリッド型のエアコンを予定し、夏の体育や部活動での使用を想定し、開放団体や避難所等の利用でも検討しているとのことです。
小中学校の体育館へのエアコン設置は県内では朝霞市に続き2市目とのことです。

これは私が一般質問で提案したことではありますが、規模が大きすぎて、その予算は税金から来ていることも考えれば、安易に「私が実現しました!」ということは憚られ、菅原市長のご英断だと感じています。
賛否両論あるとは思いますが、多くの市民の皆さんにご賛同いただければうれしいです。