[平成26年12月議会]自転車保険等の個人賠償責任保険


DSC_0018_1

◆自転車保険等の個人賠償責任保険
Q自転車事故では1億円近い損害賠償金、自転車事故以外でも日常生活での事故でも賠償責任を負うこともある。それらが保証される個人賠償責任保険について、本来的には個人責任だが、特に小中学生については意識を持ち、市としても周知啓発をできないか。
A
〇現状
市内の児童生徒の関わった自転車事故は平成24年度19件、平成25年度19件、平成26年6件(11月現在)、児童生徒間の怪我等平成24年度6件、平成25年度6件、平成26年度0件(11月現在)。
〇学校保険の給付状況
学校管理下の事故等により保険給付がされた事例は、平成23年度756件約1133万円、平成24年度727件約1050万円、平成25年度551件約667万円。
〇個人賠償責任保険の加入状況
全小中学校で学校保険、PTA保険は入っているが、それ以外については笹目中と美女木小のみ。個人で入っているものは把握していない。
〇市の方針
自転車保険は重要な保険と認識。
〇今後の対策
・市職員(自転車通勤)は約900人中400~500人。自転車保険に加入しているか把握していないが、今後検討したい。
・普及啓発チラシ
チラシ等を作成し、PTAへの配布依頼、駐輪場登録時等での配布等検討する。
・担当課が校長会議に出席し、高額賠償等について説明するよう検討する。
・スケアードストレイト
保護者の参加も促し、保険についても伝えていきたい。
・市での保険設置
難しいが、情報収集に努める。

スクリーンショット 2015-08-11 19.03.46

※こんのコメント
市内約10700人の小中学生がいて、自転車事故等は年間約20件、学校管理下での保険適用事例は年間約700件前後。現状では学校管理下など保険適用範囲は限定されている。24時間365日カバーされる個人賠償責任保険もあるが市内2校のみ加入。「自転車保険」という保険に入っていなくても、自動車保険や火災保険の特約として加入していることもあるため、チェックリスト等作り機会をとらえて普及していただきたいと思っています。一般質問を通して、10人くらい?の方から「自分も改めて確認したよ」というお声もいただきました。こうしてお一人お一人の意識が変わるきっかけになればと思っています。