〈ご意見対応〉個人で野良猫の避妊去勢手術を行っているので、補助金を出してほしい


会派宛に、「個人で野良猫の避妊去勢手術をしている。現状の地域活動は団体を対象としており、その団体もあまり活動をしていない。個人を対象とした補助金を新設してほしい」とご意見が届きました。
お話を伺うと、市内で個人で数年前より熱心に野良猫の避妊去勢手術をなさっているようでした。

殺処分ゼロ、地域猫活動は私も熱心に取り組んでいる政策のひとつであり、何度も議会で取り上げ、その成果もあり、平成27年度から3か年県補助金を活用して活動が始まり、平成30年度から3か年市民活動サポート補助金を活用して活動を継続し、その後県補助金を活用して市独自の補助金を現在検討中です。
補助金という性格上、個人を対象とするか団体を対象とするか、また本来は飼い主が負担すべき飼い猫の手術費を野良猫と偽ることの防止策などを検討しているところです。

◯[平成28年3月議会]一般質問ー動物愛護条例 ”取り締まるもの”から”愛護し適正管理するもの”へ
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/9416/
◯[平成30年6月議会]一般質問①-地域猫活動につい
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/16941/

愛護団体が熱心に活動していないということでしたが、私の知る限りではとても熱心に活動なさっているため、こちらと連携をとれないか、あるいは個人を対象とする補助金についても考えたいと思います。