「行政視察」タグアーカイブ

静岡から帰ってきました!

静岡から帰ってきました!

総務常任委員会の行政視察から帰ってきました。
浜松市、静岡市でユニバーサルデザインの取り組みを学びました。

ユニバーサルデザインというと、ただの施設の表示だけのようにも思えますが、ご高齢の方、障がいのある方、子ども連れの方、外国の方、だれにとっても使いやすいものであり、それはみんなが住みやすいまちづくりにつながっていると肌で感じました。

写真は静岡市で行政と民間企業が共同で進めたターミナル施設の駅の写真です。
静岡市は静岡市と清水市が合併しているんですね。

詳しい視察報告はあらためてお知らせいたします。

sizuoka

明日から静岡へ!

明日から静岡へ!

明日から総務常任委員会の行政視察で静岡県浜松市、静岡市へユニバーサルデザインの取り組みを学びに行ってまいります。

スーツは一着でインナーだけ変え、化粧水も詰め替えて、荷物はだんだんコンパクトに。

ではしっかり学んでまいります。

sizuoka

県南都市問題協議会都市計画・交通問題研究部会視察ー北本市「デマンドバスについて」

今日は県南都市問題協議会の都市計画・交通問題研究部会の視察で北本市の「デマンドバス」について学んできました。

北本市は県の中央よりやや東南あたりに位置し、人口約68000人、面積約19平方キロメートルの町です。
戸田市と同じくらいの広さで、戸田市の半分くらいの人口という感じですね。

北本市では、これまで市長マニフェストでもあったコミュニティバスの導入が検討される中で、議会一般質問を一つのきっかけにデマンド式バス(オンデマンド=要求に応じた)の運行が検討されることとなりました。
実証実験を経て平成23年度より本運行が開始され、その後、会議や協議会を重ねて現在に至っているそうです。

利用できるのは北本市に在住在勤の方で、運行地域は北本市内、年中無休で8時半~17時半まで運行しています。
電話予約ができ、運賃は300円/1回(小学生、各種手帳、要介護者は半額)だそうです。
利用者は70代80代の女性が多く、最近では小学生の利用も増えてきたそうです。

気になる利用実績・経費は・・・
利用者数は毎年約20000人、運行経費は約2500万円~3000万円程で、そのうち約450万円が運賃収入となり、その差額(毎年約2500万円前後)を委託料として市が負担しているとのことです。

今後の課題としては、予約の取りづらさ(特に帰り道)や使うかもしれない予約があること等だそうです。


〈考察〉
コミュニティバスは近年全国の自治体でパッと広まりましたが、開始から年数が経過すると、多くの自治体(特に地方都市)で毎年の公費負担が大きくなり、デマンド式に移行するところも増えてきているようです。
戸田市でのtocoバスは事業全体の費用が1億円強で、そのうち2,3割が運賃収入で賄い、それ以外の約1億円が公金負担だと聞いており、それに対して、今日の北本市では戸田市と同じくらいの広さの県内都市で約3000万円(全体としては、路線バスへの助成金約1800万円と合わせて計5000万円で公共交通を運営しています)でデマンドタクシーが運行できるということに驚きました。
戸田市でもこのまま毎年約1億円を使ってコミュニティバスを走らせるのか、今後はデマンド式バスの検討も始めなければならないと感じました。

1婚姻届提出の記念パネル前です。ー 場所: 北本市役所

2視察資料です。

3北本市と、川口市、蕨市、戸田市の比較です。

4デマンド式バスの運行内容です。

5利用者状況です。

6出来たばかりの新庁舎です。

7名物の「トマト大福」です。

8庁舎外観です。

[平成27年12月議会]開会

[平成27年12月議会]開会

本日、12月議会が開会しました。
会期は11月24日~12月15日までの22日間です。

開会ののち、戸田市議会友好都市訪問団の報告(中国開封市への議員派遣)のほか、閉会中の活動について委員長報告(各常任委員会の視察報告等)がありました。
その後、議案について市長から総括説明、担当部長からの詳細説明がなされました。
〇平成27年12月議会ー議案書
http://www2.city.toda.saitama.jp/…/Co…/Kg77_gian_giansyo.PDF

いよいよ、12月議会が始まります!

kaikai

[総務常任委員会]土地開発公社所有地等の公売結果、年間活動テーマ他

[総務常任委員会]土地開発公社所有地等の公売結果、年間活動テーマ他

今日は午後から総務常任委員会でした。
報告案件と、土地開発公社所有地等の公売結果について、全23件の土地を延べ40件を超える入札があり、すべて落札されたそうです。
入札辞退は個人・法人がほぼ半々でしたが、落札したのはほとんど法人だったそうです。
北戸田駅東口目の前の585平方メートルの広い土地が一番く高く落札されたようです。
〇入札結果
http://www.city.toda.saitama.jp/upload…/attachment/13616.pdf

その後、担当課の方もまじえて先日の視察検証を行いました。
市役所地下食堂の有効活用や公共施設のユニバーサルデザインについて、実際に視察先でどのようなことを学び、どのように戸田市に反映できるのかということを担当課の方も交えて話し合いました。
私からは、赤ちゃんや子どもと一緒の方、障がいを持っている方、高齢者にとって使いやすい公共施設は、”住みやすい社会”とつながっているということをお伝えしました。
今後、委員会として提言書をまとめていきます。

soumuzyounin

大阪から帰ってきました!

大阪から帰ってきました!

誰でもわかりやすいユニバーサルデザインの区役所&障がいのある方が働くカフェ(東京都大田区)、地上22階の夜景のなかジャズの生演奏が流れる市役所食堂(大阪府東大阪市)、様々な障がいのある方が働き、託児スペースや地域との連携も充実している市役所食堂(堺市)などを見学させていただきました。

目下の目的は「市役所庁舎の有効活用」でしたが、視察を終えてみると、「みんなが使いやすい公共施設のあり方」その先には「みんなが住みやすい社会づくり」がつながっていると感じ、グンと視野が広がったような気がします。

詳しいレポートは後日アップします。

mori

総務常任委員会行政視察

総務常任委員会行政視察

この写真をご覧になってピン!と来た方、正解です。

明日から総務常任委員会の行政視察(一泊二日)で東京都大田区、大阪府東大阪市・堺市へ行って参ります。
総務常任委員会で市役所地下食堂の活用等も取り上げており、他自治体の施設運営について学びます。
大田区では、区立施設の整備ガイドラインについて、東大阪市では市役所内食堂の夜間営業について、堺市では「森のキッチン」について学びます。

では、明日から行ってきます。

sisatu

24時間訪問介護・看護サービスの見学

24時間訪問介護・看護サービスの見学

今日は午後から、市内の介護施設を見学させていただきました。
今回の9月議会で24時間定期巡回・随時対応訪問介護看護事業の県補助金が上程され、戸田市でも今年度中に事業開始が決まりましたが、実際にどのようなサービスがなされるか、自分の目で確かめたかったのです。

実際に施設を拝見させていただき、一時間半にわたり職員の皆さん、入所の皆さんから貴重なお話を伺うことができました。
やはり”百聞は一見に如かず”ですね。

特に印象的だったのは、100歳近い高齢者を介護するのが80歳近く自分自身も介護が必要なこともあり、お孫さんが両親・祖父母の両方を介護することも多いという事実です。

2025年には団塊の世代が75歳を迎え、介護の問題、地域包括ケアシステムを社会全体で考える必要があります。
将来的には施設だけではまかないきれず、在宅介護の流れになるといわれています。
住み慣れた地域で過ごせるよう、ご家族の負担が少しでも軽減されるよう、この訪問介護事業が充実していくといいなと思っています。

本日はどうもありがとうございました。

〈お知らせ〉定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業の県補助金(1597万円)が上程されました!https://konnomomoko.com/activity-report/news/6642/

24

議会広報委員会行政視察ー東京都町田市

今日は議会広報委員会の行政視察で、町田市議会へ行って参りました。
テーマは議会ホームページについてです。

議会広報委員会は議会の広報に関することとして、主に議会だよりの編集作業をしています。
これからは紙媒体から離れてホームページの活用も学ぼうと、今回町田市議会の議会ホームページを学ぶこととなりました。
私もずっとホームページやSNSなどインターネットの活用を提案していたので、今回委員会として視察することとなりとても嬉しく、また大変参考になりました。

町田市議会のホームページで注目したのは下記の点です。
①「議案のカルテ」
議案の説明の中に「議案のカルテ」というものがあり、議案についてどのような審議がなされたのか簡潔にまとめてあります。町田市議会は議会報告会を行っていないことから、報告会で報告すべきことを分かりにホームページに載せようという経緯で載せることとなったようです。
http://www.gikai-machida.jp/g07_giketsu.asp

②審査順序のお知らせ
ホームページで議会・委員会の審査順序をお知らせしています。特筆すべきは委員会の審査順序も書いてある点です。私も市民の方からも「議会を傍聴したいが、いつどのような審議がされるかわかりにくい」というご意見も頂いており、戸田市でも事前にホームページでお知らせできないかと思っており、これはぜひ取り入れたいと思っていたものです。ただ、実際の運用では時間的な問題や議会事務局職員の方の負担の点で、取り入れるのは難しいでしょうか。
http://www.gikai-machida.jp/g07_Oshirase.asp

③本会議中継・委員会中継
町田市議会では本会議も委員会もインターネット中継されており、パソコンだけではなくスマートフォンからでも見ることができます。戸田市議会は、本会議のみインターネット中継されていますが、スマートフォンから見られず、委員会は中継はされておらず検討課題です。委員会室を拝見すると、部屋にカメラがあり、発言するマイクのボタンを押すと自動的にカメラに映るそうです。すごいシステムです。
http://www.gikai-machida.jp/g07_broadcasting.asp

④議会SNS
町田市議会はSNSについてはまだ取り入れておらず、来年度にかけ検討・調査を行うとのことでした。やはり、議会SNSはまだ未知数のところが多いようですね。
〈参考〉議会facebokページ
・海老名市議会
https://www.facebook.com/海老名市議会-161118950708178/
・流山市議会
https://www.facebook.com/nagareyamashigikai

今後の広報委員会で視察検証を行います。

1 2 3