今日は

今日は、ランチミーティング(2h)→市役所打ち合わせ(2h)→東大医療講座ディスカッション(2h)とひたすら議論の1日でした。
市議になってから格段と議論をすることが増えたように思います。

市役所との打ち合わせ、というか議論なんですが、昨日も2時間、今日も2時間、その前のヒアリングなども含めれば合計6時間以上話していることになるわけですが、今までずっと平行線だったものが、やっと今日改善策が見えてきたような気もします。

さて、少し休憩して明日通告する質問を考えます。

0828-1

一般質問のヒアリングです。

レガッタ練習は午前中に終わり、お昼を食べてシャワーを浴びて午後から市役所へ。
一般質問のヒアリングです。

九月議会では、29日(木)の開会日の9時45分までに一般質問の通告をしなければなりません。
一般質問は、市政全般について議員が問題に思っていることを取り上げ、市の方向性を指摘したり、自分の政策を提案したりできます。
指摘する内容が自分の誤解であったり、提案する政策が既に行われていることがあったりするといけないので、私は事前にヒアリングするようにしています。
今日もそのヒアリングでした。

質問は、市政全般の中でどのような課題について、何が問題で、どのように質問することで良い議論ができるか考えて練るのでなかなか時間もかかります。

この時間は冷房がつかず、暑いです…。

写真は点灯している出席器と会派控え室です。

0827-1

レガッタ部のユニフォームです。

さて!
今日は、会派会議→一般質問ヒアリング@市内→ドタバタといった1日でした。
明日は9時から戸田公園でレガッタ部の練習です。
9月下旬に全国大会があるため、その練習です。
レガッタなんて漕いだことないのですが、大丈夫かな・・・。

写真はレガッタ部のユニフォームです。

0826

深夜にこんばんは。

深夜にこんばんは。
今日も朝からから一般質問打ち合わせやら、レポート入稿やら、明日の会派会議準備やらでもうこんな時間に・・・(-”-)
0時ギリギリに無事入稿できました。

今日はお昼寝もしていないのになんでこんなに時間が過ぎてしまったのでしょうか・・・。
そしておなかも空いてきました。

明日は9時半から会派会議です。
たくさんコメントをいただいているのに、ご返信しきれず大変申し訳ございません。
すべて目を通して「ふむふむ。なるほど」と考えています。
きちんとご返信差し上げますので、少々お待ちいただければ幸いです。

では、おやすみなさい。

<国民皆保険制度>

<国民皆保険制度>
今日は国民皆保険制度について学びました。
国民皆保険制度とは、全国民が何らかの公的保険制度に入ることをいいます。アメリカなどには皆保険制度はなく、多くの国民は任意の保険に入っています。
これに対して、日本では国民皆保険制度を採用し、国際的にも一定の評価を得ています。

「保険制度」について、よくわからない方もいらっしゃるかと思うので簡単にご説明すると・・・、
1 会社勤めの人→健康保険に入ります。保険料は会社と本人が半分ずつ負担。
2 それ以外の人(小さな会社、自営業、主婦、高齢者)→国民保険に入ります。保険料は全額自己負担。
そして、この国民保健の主体が「市町村」になります。
つまり、市町村は自分の市町村民から保険料を徴収して、その代わりに医療を提供する義務があります。市民が病気になったら治療をするのは市町村の責任なんです。
でも、例えば市長自らお医者さんで風邪の市民を診たりはできませんよね。
→だから、市町村は「医師」に診療行為をお願いするわけです。「申し訳ないけど、うちの市民が風邪ひいたら、代わりに治療してください」と。
「お金は、窓口で本人から3割だけもらってください。残りの7割は後日市から払いますので。」と。
→これに基づき、医師は市民に対して治療をして、窓口で3割お金をもらい、残りの7割は後日市町村に請求します。この請求書がいわゆる「レセプト」(レシートの語源)です。

ただ、この制度、企業に勤める人が多く加入する健保は、皆きちんと保険料を徴収できるし、かつ、加入者もあまり病気にならない反面、市町村国保は高齢者や低収入の人が多いこともあり、保険料がきちんと徴収できなかったり、さらに医療費も高額になることがあり、市町村は悲鳴を挙げています。
そこで、保険を担当するのを「市町村」ではなく「都道府県」に変えようという動きになっています。

ただ、今日の議論を聞く限りでは、必ずしも都道府県内一律の保険料にするか市町村ごとにするか、徴収率の低さの責任は市町村が負うか県が負うか、などまだ議論が煮詰まっていないようです。
結局は地域医療、保健事業は市町村の役割が大きいので、地方分権の流れを意識しつつ、提供体制整備も含めた大枠での責任を都道府県が負うということになるのではないかと思われます。

今日は東大医療講座の日帰り合宿でした。

今日は東大医療講座の日帰り合宿でした。
10時~21時(懇親会)まで、とても濃い1日でした。

◆Ⅰ これからの社会保障制度~国民会議の報告書を踏まえて
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/
◆Ⅱ 国民皆保険制度についてディスカッション
◆Ⅲ 卒業生の活動
など、国民会議事務局長、医系技官、医師、患者団体、ジャーナリスト等、立場を超えて皆保険について議論しました。

こうして勉強した内容を、いつかまとめてお伝えできたらいいなと思います。

todai1 todai2 todai3 todai4

市役所担当課をはしごしています

さて、今日は九月議会に向けての準備や、皆さんからご質問いただいた件について市役所担当課をはしごしています。
先日街路灯についてご質問をいただいたのですが、担当課にお伺いすると、一口に街路灯といっても、国道に設置していれば国に、県道に設置していれば県に、市道についていれば市にと分かれ、そして市道についている街路灯でも、道路の大きさや役割等によって担当課が違うそうです。
普段住んでいて「目の前の道路が何道か、その街路灯は何灯か」なんで考えたことがなかったので、驚きました。
今日は携帯電話を忘れてしまったので、写真がなくてわかりにくいですね・・・。

では、これから東大医療講座のミーティング@秋葉原へ!