「ゴミ・タバコ」タグアーカイブ

〈ご意見対応〉戸田公園駅前タバコ店前での喫煙

ご意見内容

戸田公園駅前タバコ店前での喫煙が気になる。受動喫煙が叫ばれている中、どうしたらいいのか悩んでいる。(会派宛ご意見)

対応内容

ご意見者の方のお気持ちもわかりますが、あくまで私有地で行う経済行為であり、それに対して行政・議員がやめるように言うのは難しいと思っています。ただ、担当課にはこのようなご意見があったことをお伝えし、今度同様のご意見が多く集まれば担当課から任意のご協力のお願いをしてくださるとのことでした。

[平成28年6月議会]一般質問ーたばこについて

[平成28年6月議会]一般質問ーたばこについて

1つ目のテーマはタバコについて。
私は平成26年6月議会でたばこ対策について制限区域指定、巡回啓発員、罰則化の検討などについて求め、その際「一体として前向きに検討する」旨の答弁を得ており、その後の状況をお伺いしました。

こんの ①取組み状況や成果は。②罰則化の検討は。③喫煙所の整備を。

環境経済部長 ①取組みについては、平成27年6月から市内3駅周辺を制限区域に指定し、1日6時間巡回啓発員を配置し、看板や路面シート、広報、チラシ等で周知した。啓発員の意見を定期的に聞き取り、改善を図っている。声かけ人数は10か月間で約300人から約250人へ15%程度減少した。➁少しずつ効果が出ていると感じており、鋭意啓発活動に取り組んでいるため罰則化を今すぐ導入する考えはないが、引き続き効果検証の上、今後の対応を検討する。③現在、各駅に1か所ずつ喫煙所を整備している。各駅で仕切りや屋根等の設置は難しいが、引き続き整備に向けて研究する。

こんの ①取組みや成果が見えてこないので、今後は公表を。取組み当初は、区域を出たあたりにポイ捨てが多くなるなど懸念もあったが、その対策を。また、今後学校周辺や公園、公共施設等に指定区域を広げる考えは。②罰則化について、啓発員が実効性がなく啓発がしづらいという影響はないか。③戸田公園駅は一度JRと喫煙所の場所について協議を。戸田駅は現在ロータリーの整備中であり、整備にあわせて検討を。北戸田駅は仕切り等の改善を。

環境経済部長 ①今後ホームページ等で公表する。区域の境界あたりの吸い殻が多いという声を聞き、駅周辺からやや広げた範囲まで巡回する。新たな区域指定は考えていないが、先進事例もあわせて研究する。②当初は罰則がないため啓発しづらい等の心配の声もあったが、業務になれるにつれ今は前向きに取り組んでいるため影響はない。③検討して参る。

〈こんのコメント〉
たばこ対策については、市内の多くの方からご意見を頂いたことを受け、近隣市の多くの自治体を調べ、戸田市がほぼ手付かずだったものを担当課と何度も議論をすることでやっと議場で前向きなご答弁を頂けたものです。市が「まったくやらない」というときから、「前向きに検討する」となり、実際に行われることとなり、その経緯を見ると、こうして物事は動くんだと成果を見守るような思いです。
他方でたばこは毎年約10億円(競艇配分金の約3倍)の税収にもなっていることも事実であり、分煙を進めて、吸う人も吸わない人も気持ちの良いまちになったらいいなと思っています。
最後に、私は議会で主張するだけですが、吸い殻一つ拾うのも、歩きタバコの人のお一人お一人にお声かけするのも現場の巡回員の皆さんです。大変なお仕事だと思いますが、よろしくお願いします。

○平成26年6月議会
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/1482/

tabako

〈ご意見対応〉戸田公園駅前歩行者ポールのタバコポイ捨て

〈ご意見対応〉戸田公園駅前歩行者ポールのタバコポイ捨て

会派宛に子育て中の女性から「戸田公園駅前の歩行者ポールが壊れていて、歩きタバコの吸殻がたまっている。タバコの清掃とポールの修理をしてほしい」というご意見をいただきました。
現場を確認しに行くと、確かにポールの蓋が取れ、灰皿のように中に吸殻がたまっています。
すぐに担当課に対応をお願いし、2、3日以内に直していただきました。
大変迅速なご対応をありがとうございます。

小さな気づきですが、少しずつきれいな街になるといいなと思っています。
駅前の喫煙制限区域指定等と喫煙所整備については、今回の一般質問でも取り上げたいと思っています。

1

戸田公園駅前の信号にある歩行者ポールです。

2

〈before〉
ポールの上部が外れていて、中は歩きタバコの灰皿状態になっています。近くには保育園もあり子どもも触ってしまう場所です。

3

〈after〉
タバコをきれいにし、壊れたところをうめていただきました。

[平成27年12月議会]一般質問ー福祉事業

[平成27年12月議会]一般質問ー福祉事業

1件目の二点目は、高齢者や障がいのある方等のゴミ出しが困難な家庭の支援についてです。

(2)高齢者や障がいのある方等のごみ出しが困難な家庭の支援について。

こんの 市内の福祉事業者の方から、会派宛に「高齢者や障がい者を対象としたまごころ収集サービスがほとんど機能していない。介護保険サービスを利用しようとしても、ゴミ出し単独の項目がなく他のサービスと組み合わせて20分以上にしなければならず、しかも朝8時までに出さないといけないため、ヘルパーが持ち帰っているなどして対応している」というご意見をいただいた。調べてみると、確かに市のまごころ収集サービスは事業者のご厚意に基づくもので広く利用できるものではない。高齢者や障がいのある方のゴミ出しは大きなテーマであり、市の対応を問う。

福祉部長 現状の介護保険サービスでもゴミ出し等の生活支援サービスは提供されているが、20分未満のゴミ出しでは利用できず、その他のサービスと合わせてサービスに組み込んでいる。その他、地域のつながりによって支え合っている事例もある。今後「地域包括ケアシステム」の構築における「新しい総合事業」においてメニューを創出する必要がある。すべてのニーズを公的サービスで完備することは難しく、今後地域の生活支援コーディネーターや協議体を早期に設置し、体制整備に努めて参る。

こんの 「新しい総合事業」は要支援1、2とそれ未満であってもチェックリストに入った人は対象となるが、症状がより進んだ要介護1~5の方は対象ではない。障がいのある方も対象ではない。この問題は、要介護の人を対象とした介護保険の仕組みを作る〈国〉と要支援の人を対象とした地域包括ケアシステムの仕組みを作る〈地方自治体〉の狭間、あるいは、地方自治体の中でもゴミを扱う〈環境部局〉と高齢者・障がい者を扱う〈福祉部局〉の狭間にあるように思える。この問題を考えることは、地域包括ケアシステムやノーマライゼーションの社会を作ることへつながる。他自治体でも各々が環境部局、福祉部局、衛生センターなどで独自の仕組みはできている。戸田市でも検討を。

スクリーンショット 2015-12-12 12.42.38 スクリーンショット 2015-12-12 12.42.51 スクリーンショット 2015-12-12 12.44.46

福祉部局 議員の言う通りニーズも高まっており、地域の中での解決の方策を作り上げていかないといけない。他の自治体の成功例、課題を研究していきたい。今後、戸田市としては平成28年4月から生活支援コーディネーターと協議体を立ち上げ、様々な地域福祉のニーズ課題を把握して協議していきたい。地域包括ケアシステムの構築はまちづくりにつながる。広範囲の施策が関連する問題であり、庁内各部署、市内団体等と今後どのように連携し、協力し合って一致団結して向かって行けるかが、高齢者・障がい者が地域で住み続けるための大きなカギ。優しい道のりではないが、国や他自治体の情報を未来に向けかた課題を見つめて施策を講じていきたい。

こんの 高齢者・障がい者に関するから福祉部局ではなく、地域包括ケアシステムやノーマライゼーションの社会の構築の問題は環境部局や市民生活部局もまじえて全庁的に取り組む問題。連携強化を。

福祉部長 今後、様々な施策について、手を取り合ってきちんと連携を取って取り組んでいきたい。

<こんのコメント>
一通のメールから、その問題の背景には〈国〉と〈地方〉、〈高齢者〉と〈障がい者〉、〈環境部局他〉と〈福祉部局〉などの制度の狭間があり、ゴミ出しの問題を考えることは、今後の地域包括ケアシステムやノーマライゼーションの社会の構築につながる問題だと思いました。今後すべての福祉サービスを行政が行うことは事実上不可能であり、自助・共助・公助の仕組みを作ることが大切です。今回のご答弁では、要支援の方→新しい総合事業での検討、要介護の方→協議体での検討、障がいのある方→全庁的な問題となりましたが、この一般質問を話し合う過程で各部長とお話しすることもでき、今回の質問で市内部の考え方に触れられた気がします。今後の前進に期待します。

1pan1-2

[平成27年12月議会]一般質問ー福祉事業

[平成27年12月議会]一般質問ー福祉事業

4日は私の一般質問でした。
今回取り上げたのは2つのテーマで、一件目が福祉事業(社労士「経費」、ゴミ出し)について、二件目がテレワークについてです。
まず一件目、福祉事業について。

1福祉事業について
(1)生活保護受給者が障害年金の申請等に際し、社会保険労務士に依頼をした場合の「経費」について。

こんの 生活保護は「最後のセーフティネット」と呼ばれ、他に利用できる制度がある場合はそちらが優先される(他方優先原則)。生活保護受給者のなかには障害年金を受給できる場合もあり、障害年金を受給できれば、自治体の財政負担を減らし、なによりご本人が生活保護ではなく自分の支払ってきた年金制度を利用したいという思いに添うことができる。しかし、実際には障害年金を申請するのは難しい面もあり、社会保険労務士に依頼することもある。その際、社労士に支払った費用が「経緯費」として認められるかは大きな問題となる。経費として認められれば、収入から控除されるからだ。この点、厚労省は「他方優先原則により障害年金を受給できれば申請するよう要請しているが、社労士費用を「経費」として認めるかについて明確な指針は出しおらず、自治体・福祉事務所ごとの判断による」とのことだった。戸田市の対応を問う。

福祉部長  生活保護制度には他法他施策の活用について規定があり、生活保護受給者が障害年金を受給できる可能性があれば当然受給に向けて指導しており、受給できればその額を「収入」として認定する。厚生労働省の指針によれば、「年金収入を得るために必要とした費用がある場合は、その実際の必要額を経費として認定すること」とあり、社労士に申請手続きを依頼した場合は、その経費を収入から差し引き、生活保護受給者に不利益になることはない

<こんのコメント>
ご覧になっている方には至極当然のように思えるかもしれませんが、これは画期的な答弁です。私としても、期待以上の答弁でした。他自治体によっては経費として認めていない例もあるなかで、戸田市がこれほど明確に立場を示したことで、今後県内や全国へ波及していくことと期待しています。ただ、今後厚労省の指針が変わる可能性もありますし、必ずすべての案件で全額経費として認められるものでもないと思いますので、その点をご留意いただければ幸いです。

1pan

 

 

[平成27年12月議会]一般質問通告

[平成27年12月議会]一般質問通告

12月議会の一般質問を通告しました。
一般質問とは、議員が市長以下執行部に対して、市政全般について政策提案や市政運営の是非を問うものです。
「議会の華」と呼ばれることもあり、議員が自分の政策を市政の場で発言できる大切な機会ですね。
今回は、23人中(定員26人、現職24人、議長は一般質問をしません)13人が登壇します。

今回は大きく2つのテーマを取り上げました。
1つ目は、福祉事業については、①生活保護受給者が社会保険労務士費用の「経費」認定について、②高齢者や障がいのある方などのごみ出しについて、2つ目は、テレワークについて、①市の取り組み、②民間事業者への支援、③公共施設での実施についてです。
登壇日は12月4日(金)です。
準備真っ最中です。


1.福祉事業について
(1)生活保護受給者が障害年金の申請等に際し、社会保険労務士に依頼をした場合の「経費」について。
(2)高齢者や障がいのある方等のごみ出しが困難な家庭の支援について。
2.テレワークについて
(1)戸田市によるテレワーク導入について。特に「戸田市特定事業主行動計画」の進捗状況は。
(2)民間事業者によるテレワーク導入の支援について。
(3)公共施設におけるテレワーク実施について。

〇戸田市議会ー発言通告
http://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/g07_Shitsumon.asp

駅前の歩きタバコ・ポイ捨ての状況

駅前の歩きタバコ・ポイ捨ての状況

駅頭活動をしていると、清掃員の方やタバコ啓発員の方などと顔見知りになり、色々とお話を聞かせていただくことができます。

特にタバコ啓発員の方々(シルバー人材派遣センター)のお話は、私も進めている取組みだけにとても関心があります。

お話によれば休み明けにポイ捨てが増えるそうです。朝だけで100本を超えることもあるとか。
今年6月から始まった取組みで周知も徹底されておらず、特に戸田市は罰則もないため、なかなか強く言いづらいところもあるそうです。

私のもとにもきれいになったというご意見の他、区域外で捨てる人が増えたというご意見も頂いていますし、こんなことをして迷惑だと駅頭中に怒鳴られたこともあります。
反対に、喫煙所を整備することも必要だとも思っています。
啓発員の方々も、捨てられたタバコを拾い、吸っている人がいれば声をかけ、大変なお仕事だと思います。

今年が初年度ですが、今年の状況をきちんと把握して、今後につなげていかないといけませんね。

〇こんの桃子活動報告ータバコ対策前進へ
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/3775/

tabako

市内3駅周辺が喫煙制限区域指定へ(6月1日)

市内3駅周辺が喫煙制限区域指定へ(6月1日)

かねてより私も取り組んでいたタバコ対策ですが、本日6月1日より、市内3駅周辺が「喫煙制限区域」に指定されます。
今日は駅頭でレポートを配っていたら、8時より式典が行われるとのことでお邪魔してきました。

市長のご挨拶の後、巡回啓発員の皆さん、清掃の皆さん、戸田公園駅や関係者の方がお集まりになり、携帯灰皿と啓発グッズをお配りしました。
市長にお声をかけていただき、私も一緒に配布!

これから朝晩6時間、啓発員の方2人1組が巡回します。
きれいな町になることを期待しています。

〇こんの桃子平成26年6月議会一般質問

タバコ対策前進へー平成27年6月から喫煙制限区域指定、啓発員巡回へ

2015-06-01 17.56.42 2015-06-01 08.01.08 2015-06-01 08.03.10 2015-06-01 17.58.42