「人口問題」タグアーカイブ

[平成28年6月議会]一般質問-市長答弁

[平成28年6月議会]一般質問-市長答弁

最後に市長にお考えを伺いました。
やはり各部長の考えはあっても、今後どのようにまちづくりをして個々の政策を打っていくかは首長のお考えを伺う必要があると思い、伺いました。

◆市長の考え
こんの 戸田市がここまで人口が増えたのは市長の政策の成果ともいえる。ただ、人口流入のスピード、特に子どもの数の増加は市の計画より上回っていることもお示しした通りである。今後の政策として、これまで同様人を呼び込み、保育所・学童保育室・小中学校の整備を全力で進めるのか、あるいは適正人口を見据えて政策を変更する考えはあるのか。その際、撤退する企業等を引き留める施策を打つのか。個々の政策のひとつとして、保育所、学童保育室の時期を明記して「待機児童ゼロ宣言」をしてほしい。

市長 保育所・学童保育室の待機児童ゼロを目指して取り組む。人口については、2060年に14.9万人を目指す。その為の具体的施策を打ち、合計特殊出生率1.8を目指す。これは難しい数字であるのは実態だが、転出超過の30,40代を止める、女性の活躍、雇用確保、産み育てやすい環境、地域で支えながら人口像に向けた取り組みをできるか等、人口ビジョンに沿った政策を進め、現在の13.7万人から14.9万人を目指す。待機児童がゼロになる時期は取組みを一生懸命やるということで理解していただきたい。

[こんのコメント]
保育所のみならず、学童保育室についての「待機児童ゼロ」を明言したのは自治体の中でも珍しいと思います。明言するのは正直難しいかなと思っていたので、市長から明確に「保育所・学童保育室の待機児童ゼロを目指す」と力強いお言葉を頂けたのは、議員としてもとても嬉しく思っています。あとは、全力で整備を進めていくのみです。また、戸田市の将来像としても「2060年に14.9万人を目指す」と議場で明言されたのは大きいと思います。2016年の今現在で約13.6万人ですから、44年経たずとも残り1.3万人は突破しそうですが、市長の将来ビジョンを具体的に伺えたのは良かったと思います。

sityou

[平成28年6月議会]一般質問-人口について④小中学校について

[平成28年6月議会]一般質問-人口について②小中学校について

今回補正予算で、戸田東小・東中学校の建て替えを前提とした改築工事設計業務や美女木小学校のプレハブ教室賃貸借が上程されています。子どもの数が増えている戸田市においては、小中学校の教室不足は大きな問題と考え、市の方針、対策の強化、情報提供等を求めました。

◆小中学校
こんの これまでの推移と今後の見込みは。今後学区を変更する考えはあるか。児童生徒増についてどのように対策を取っているか。また、現在の仮設校舎の状況は。今後の学校整備計画は。

教育部長 5年前と比べて小学校約370人、中学校約80人増加し、6年後には小学校約9300人(約1540人40学級増)、中学校約3600人(約270人9学級増)と見込む。特に、戸田東小学校、美女木小学校、新曽中学校で増加が見込まれる。児童生徒増加に伴う学区変更は今のところ考えていない。児童生徒増の対応については「児童生徒増対策検討委員会」で検討している。
財務部長 現在仮設校舎で対応しているのは、戸田第一小学校、美女木小学校、笹目小学校の3校。健全度調査で建替え優先度の高かった戸田第一小、戸田東中、美笹中を検討している。今後ファシリティマネジメントの観点から総合的に判断する。

こんの 「児童生徒像対策検討委員会」は重要なことを決めており、全庁的に取り組むために組織強化できないか。
教育部長 議員指摘の通り課長級で話を進めているが、今後予算等重要なことは拡大した形等で適時対応できるようにしたい。

こんの 戸田第一小と美笹中についてはここ数年以内の建替えを検討しているのか。
財務部長 健全度調査の結果の中で概ね10年以内で着手すべきであるという結果であり、今後計画的に整備できるよう計画している。10年以内を目途に着手できるように検討を進めている。

こんの 今後整備が検討されている戸田第一小学校、美笹中学校をはじめ、保護者への周知を早めに丁寧にすべきでは。
財務部長 これまでもホームページや広報などでも周知してるが、再編プラン等機会をとらえて市の取組みについて記載して紹介していきたい。

こんの 小学校の新設、学区変更、受け入れ困難学区の指定について現状で検討しているか。
教育部長 小学校新設等話は聞いていない。学区等、新設、統廃合の場合は学区変更は生じてくるが、安易に学区を変えることはなく、総合的な見地から判断して参る。

[こんのコメント]
今回の戸田東小・東中学校の建て替えを見据えた改築工事設計業務の補正予算は唐突な印象を受けています。校舎の建替えは大きな話であり、現在、戸田東小・東中学校の他、戸田第一小、美笹中も整備の議論に挙がっていることはあまり知られていないと思います。現時点では小学校新設や学区再編等は考えていないということです。近隣市では人口増加に伴う小学校新設や学区再編も行われていると聞き、戸田市も他人事ではないと思っています。なかなか情報が見えてこない分野ではありますが、児童生徒増対策検討委員会の組織強化、市民・保護者への情報提供等幾分か前進できたかと思います。

[平成28年6月議会]一般質問-人口について③学童保育室について

[平成28年6月議会]一般質問-人口について②学童保育室について

学童保育室についてもこれまで複数回取り上げました。ここ3年間で一気に待機児童が増えており、全市的に4、50人、一年生でも入れないこともあります。保育所だけではなく学童保育室も待機児童は問題です。市は公立学童だけではなく民間学童を誘致する方針ですが、補助金の獲得、全児童対策、信頼関係等課題も多く見受けられ、それらの対策を求めました。

◆学童保育室
こんの 保育所だけではなく、戸田市ではここ2,3年で学童保育室の待機児童も急増した。保育所だけではなく学童保育室の待機児童も問題。待機児童ゼロ宣言を。また、小学4年生以上の受入れを拡大したが、需要と供給があっていないのではないか。全児童対策も含めて今後検討を。国県の補助金も活用できるものを活用していないので、積極的な手挙げを。昨年から始めた意見交換会に将来的には学校関係者の出席を働きかけてほしい。

こども青少年部長 はじめて平成26年度に待機児童54人となり、平成27年度に41人、平成28年度に45人となった。今年の待機児童の内訳は1年生10人、2年生1人、3年生16人、4年生14人。平成32年度までに待機児童0人を目標にしているが宣言はしていない。意見交換会へは学校へも働きかけをする。補助金は積極的に獲得して参る。全児童対策については、予算で財源も必要であり、地域の皆さんのご協力もあるが、ビジョンとして位置づけ、関係部局と協議しながら事業展開を検討していく。

[こんのコメント]
学童保育室の待機児童はあまり取り上げられませんが、保育所同様に大きな問題です。またそこで働く職員の皆さんの処遇も問題です。今回市は、国県の補助金に手挙げしていないことがわかりましたが、なんとか積極的に活用する旨の明確なご答弁を頂きました。また学校にもご参加いただいて意見交換会も続けていただけそうです。将来的な全児童対策を目指し、ひとつずつ進めてい参ります。

[平成28年6月議会]一般質問-人口について②保育所について

[平成28年6月議会]一般質問-人口について②保育所について

保育所についてはこれまで複数回取り上げました。特に、今回は今年初めての3ケタとなった待機児童問題対策と、保育所新設だけではなく一時保育の充実や幼稚園の預かり保育の拡充などを求めました。

◆保育所
こんの 待機児童の現状は。2013年に市長が「2014年に向けて待機児童をなくす」旨の待機児童ゼロ宣言をしているが、実際にはゼロになっていない。今改めてゼロ宣言を。また、待機児童対策には一時保育の充実や幼稚園との連携を進めてほしい。

こども青少年部長 待機児童は106人。待機児童緊急対策本部・対策室を設置し市独自の具体的計画を早急に策定し、受け入れ拡大を順次実施する。一時保育は就労等を「週3日」から「平均週3日(月12日以内)」へ緩和、裁判員裁判、自治体審議会等への参加を対象として新たに追加、リーフレットも利用項目を整理し刷新した。今後利用別の一覧表・データを活用し、制度改善に活かす。幼稚園の連携は、預かり保育の拡充を図るほか、幼稚園に積極的に働きかけて参る。

[こんのコメント]
戸田市は一気に若い世代が増え、市は毎年保育園を何園も新設しても追いついていません。一時保育の拡充も3月議会で提案し6月中には実施してくださいました。受け皿を増やせばその分希望者も増え、市の努力もわかるゆえに難しい問題です。特に若い世代の流入と共働き希望世帯の増加が要因のようですが、今回の緊急対策本部も含め、今後の市の対応をきちんと確認して参ります。

[平成28年6月議会]人口推計ー戸田市の人口増加数は大都市レベル、増加割合は離島レベル

[平成28年6月議会]人口推計ー戸田市の人口増加数は大都市レベル、増加割合は離島レベル

あわせて議場で取り上げたのは国勢調査(平成27年)の集計速報値です。
戸田市は人口増加数は全国第15位、増加率は第7位です
増加数の上位は東京23区、福岡市、川崎市、さいたま市、札幌市、横浜市、仙台市、名古屋市…と大都市が並ぶ中での戸田市(第15位)です。10万人規模の自治体でランクインしたのは戸田市くらいです。
増加率は新宮町、十島村、大和町、与那原町、与那国島と離島等もともと人口が少ない町・村と並ぶ中での戸田市(第7位)です。数百人から3,4万人の市町村が並ぶ中で10万人を越えている市は戸田市くらいです。
要するに13万人規模の戸田市はこの5年間で、大都市並みの人口が増加して、その割合は一気に増加したということがわかります。
全国のいわゆるベッドタウンといわれる町でこのようにランクインしたのは戸田市くらいしかありません。

zouka

[平成28年6月議会]人口推計ー高齢者の実数は市の推計より少なく、子どもの実数は市の推計より多い

[平成28年6月議会]人口推計ー高齢者の実数は市の推計より少なく、子どもの実数は市の推計より多い

一般質問で取り上げた戸田市の人口推計ですが、調べてみると戸田市は「少子高齢化」と言っていますが、実態としては「多子高齢化」ではないかと考えています。
もちろん将来的な少子化を否定するものではありませんが、今戸田市が向き合うべき事実は子どもの数は増えているということだと思います。

そして、ここで特に指摘したのは、人口ビジョンにおける子どもの数です。
人口ビジョン(2015年10月)では子どもの数を19,430人と記載していますが、この年の1月の時点で子どもの数は既に2万人を超えています。
議場でこの差異を指摘した際は、市は「策定年度のすれ」と説明しましたが、策定年度がずれていようと市のホームページには毎月人口統計が更新されていますし、ホームページを確認すればすぐにわかったはずです。
いずれにせよ、戸田市は子ども数が急激に増えているということを市がしっかりと認識していなかったのではないかと思います。

市の推計(人口ビジョン)と実際の数字(住民基本台帳)を比較したデータをお示しします。
(※注 議場配布資料と色を変えています)

koureisha
kodomo

[平成28年6月議会]一般質問-人口について①推計について

[平成28年6月議会]一般質問-人口について①推計について

一般質問の3つ目は人口推計です。今回のメインは人口推計です。
戸田市は埼京線の開通以来転入者も増え、市もファミリー層を中心にどんどん人を呼び込んでいます。
この中で、私は市がこれまで出してきた推計よりも早いスピードで人も増え、中でも子どもの数が増えていることを指摘し、保育園、学童保育室、小中学校の子どものための政策が追いついていないのではないかという問題を取り上げました。
これはもともと市内の方から「戸田市は本当に『少子高齢化』なのか、『多子高齢化』というのが正しいのではないか」とご意見をいただいたことがきっかけです。私自身も当初は「日本全国で少子高齢化だから、戸田市も少子高齢化だろう」と思いましたが、調べていくうちに戸田市が本当に「少子化」なのか疑問に思うようになり、今回一般質問で取り上げたものです。
子どもの数を総論に、それぞれの施策を各論として取り上げました。

◆少子高齢化
こんの 戸田市は「少子高齢化」ではなく「多子高齢化」ではないか。市の認識を伺う。
総務部長 平成72年に年少割合が約4%減少し、人口千人当たりの出生率が10年間で約3‰減少したため「少子化」だ。
こんの 50年先を見るのではなく5年10年という短中期的な視野を持つべきだ。また、10年間で出生率は減っても実数を見れば赤ちゃんの人数は増えており微増か横ばいだ。割合だけではなく実数も見るべきだ。「日本は少子化だから戸田市も少子化だ」と思考停止に陥っているようにも思える。安易に「少子化」と使うのではなく、何年先を見るのか、割合のみを見るのか実数も加味して、しっかりと考えるべきだ。

総務部長 言葉尻をとらえないでほしい。戸田市は将来的な少子化になる。現状の待機児童問題等は認識ししっかり取り組んでいることをご理解いただきたい。

こんの 将来的な少子化を否定するものではなく、短中期的な実数をベースとした子どもの政策を考えてほしい。子どもの数はこれまでの計画を上回っていることも加味し、できるだけ正確な推計を。

総務部長 総合振興計画担当部署としてこれまで計画を立ててきたが、見積もりより実績が少ないこともあった。実績も踏まえて今年度対策をしている。人口推計は各部門が連携して積み上げていくもので、その推計を踏まえて都市整備等総合的に一生懸命と取り組んでいる。議員のご指摘の通り取り組んで参りたい。

◆人口推計
こんの 市が出している「人口ビジョン」は高齢者の数が実数より多く、子どもの数が実数より少ない。戸田市の人口増加は社人研の推計をすでに上回っていることは既に政策研究所が2009年・2010年に指摘しているのに、なぜその後の計画で社人研の推計をベースにするのか。また、人口ビジョンを策定した時点(2015年10月)ですでに子どもの数は約1000人多い。計画を出すにあたり、なぜ実数を確認しなかったのか。

総務部長 政策研究所での研究結果を踏まえて、総合振興計画を基に人口ビジョンを策定した。社人研との乖離を踏まえて「人口ビジョン」を策定した。人口のずれについては手元に資料がないのでわからない。策定年度のずれではないか。

こんの 保育所は待機児童106人、学童保育室は待機児童45人、小中学校は6年後に小学校約1540人40学級、中学校約270人9学級足りないと見込む。これらからすれば、決して「少子化」ではなく、子どもの数は増加しており、そのスピードは市が思っているより早い。もともと、戸田市は高齢者の割合が県内で一番目に低く、年少人口は県内で三番目に高い。この構造から相対的に子どもの割合が減ってしまうのではないか。戸田市のように人口の流出入が多い自治体は推計が難しいのは分かるが、今後人口推計を出す際は、出来る限り推計の根拠、実数との比較をするべきでは。高齢者人口を65歳以上と75歳以上で分ける、幼児特殊増加率を把握する等、第5次総合振興計画では子どもの数を重要課題と認識して検討を。

総務部長 急増する子どもの数をしっかりとらえて、第5次総合振興計画を作っていきたい。「人口ビジョン」は一回作ったら終わりではなく、今後全体の計画をしっかり見ながら、その都度現状の実数を見て修正して対応していく。

[こんのコメント]
私が「少子化の認識」を問うた質問に対し、50年後の年少人口割合の減少を理由とした答弁は残念でした。市の計画などには「少子化」を前提としていることが目につきますが、確かに全国・埼玉県では少子化であったとしても、戸田市の子どもの数は増えており、決して少子化ではないと考えています。戸田市のような転出入が多い自治体では人口推計をするのは難しいのは分かりますが、ヒアリングの前からずっと平行線のこのテーマについて、「今後全体の計画を見ながら都度現状の実数を見て修正して対応する」というご答弁を頂けたことはよかったです。

写真は、人口ビジョンと住民基本台帳のズレです。高齢者の数は「人口ビジョン」より実際の人数が少なく、子どもの数は実際の人数の方が多いです。

1