「待機児童」タグアーカイブ

〈市内視察〉学童保育室merry attic

〈市内視察〉学童保育室merry attic

その後、新曽に新しくできた学童保育室merry atticさんを見学させていただきました。
駅で私のレポートを受け取ってくださったらしく、学童保育室に取り組んでいることをお知りになり、ご連絡をいただきました。
芦原小、新曽北小、戸一小などの子どもたちを対象に、来年4月オープン予定だそうです。

私が一般質問で取り上げた「多子高齢化問題」(戸田市は子どもも高齢者も増えているということ)に共感してくださったようで、もっと戸田市の子育て環境を充実させていきたいと話は盛り上がりました。
ちなみに、ご夫婦とも私と同い年で、しかも奥様は生年月日がまったく一緒!
同い年の方がこうして学童保育を始めてくださるというのは、嬉しく心強いですね。

夕方駅頭をしてよかった!と思った瞬間です。
私たちの世代も一緒ににまちづくりに参加していきたいと思います。

◯学童保育室merry attic
http://merry.co.jp/

11

22

33

〈嬉しいお知らせ〉民間学童保育室2室新設への国県補助金獲得へ(約1800万円)

〈嬉しいお知らせ〉民間学童保育室2室新設への国県補助金獲得へ(約1800万円)

今年6月議会で取り上げた学童保育室について、市はもっと国・県の補助金も活用して充実を図るべきだと指摘していましたが、提案していたものの一部の補助金(施設改修費約1800万円)が今回の12月議会で上程されました!
民間学童保育室の方々と戸田市が獲得できる補助金を具体的に表にまとめて話し合いを続けた努力が実りました。
○[平成28年6月議会]一般質問-人口について③学童保育室について
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/10196/

当初は、国・県の補助金とはいえ、一部市の持ち出しもあることから、あまり乗り気でなかった担当課も、何度も話し合いを重ね、国・県とも話し合いを重ね、なんとか補助金を獲得して新たに2室開設する方向となりました。
無事補正予算が可決されれば、来年4月に待機児童が出ている戸田東小学校区に2室新たに民間保育所が新設され、定員が42人増えます。
この補助金は新たに国・県が充実させた補助金メニューの目玉事業の一つで、それに戸田市が初めて手挙げして獲得することになります。

本当はもっと多くの学童保育がもこの補助金等を活用できればよかったのですが、待機児童が出ている地域、改修費用であること、補助金申込みの期限等の理由から2室のみとなりました。
ただ、その他の補助金メニュー(処遇改善対策や送迎対応等があります)についても次年度に向けて検討中ということで、これらの補助金についても引き続き獲得に向けて取り組んでいきたいと思います。

学童保育の現場で働く皆さんのご努力が、こうして任期最後の議会で大きな実となり、とても嬉しいです。

15

〈お知らせ〉 戸田市 待機児童緊急対策 アクションプラン

〈お知らせ〉 戸田市 待機児童緊急対策 アクションプラン

改めて投稿しようと思っていたらすっかり遅くなってしまいましたが、10月に戸田市派待機児童緊急対策アクションプランが発表されました。
〇待機児童緊急対策アクションプラン(行動計画)
http://www.city.toda.saitama.jp/…/taikitaisakuakusyonpuran.…

今年の待機児童が106人となり、市が待機児童対策に本腰を入れ、そのアクションプランです。認可保育所の新設等を行い、約1200人分の受入れ枠を拡大するそうです。
その中でも、特に保育事業者への市単独補助金の新設、幼稚園への市単独補助金の新設等、市単独の補助金が出たことが注目です。
あわせて、保育士への給付金(就職支援給付金、宿舎借上支援)の新設も注目です。

特にこの保育士の方々への処遇改善は私も過去議会で提案しており、その際は何度も話し合いを重ねる中でなかなか前向きなご答弁をいただけなかった点なので、今回このように市が処遇改善の給付金を新設したのはご英断だと思います。
まだまだ取り組まなければならない課題はありますが、やはり戸田市は「市民に応える行政」だと感じました。

〇[平成28年3月議会]一般質問ー子育て政策 ”子育て世代の声を政策に反映し、より保護者目線のサービスに 3”
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/9435/

〈募集中〉戸一小学区内で民間学童保育室の場所を探しています!

〈募集中〉戸一小学区内で民間学童保育室の場所を探しています!

たびたび取り上げている学童保育室ですが、特に児童数の多い戸一小学区での民間学童保育室の誘致を進めており、場所を探しています。
現在、学童保育室の待機児童は30人(当初45人から徐々に減少)でており、来年度も増加が見込まれています。
私も民間学童の誘致を進めておりますが、なかなか場所が見つかりません。
戸一小学区で学童保育室に使えそうな倉庫・事務所跡地(賃貸物件)を探しています。

「ここがあるよ!」という情報をお持ちの方、ぜひご連絡をお待ちしております。

boshu

民間学童保育室見学

民間学童保育室見学

先日、民間学童保育室を見学させていただきました。
保育園の待機児童は問題になっていますが、戸田市では学童保育室の待機児童も同じように問題だと考えています。
これまで待機児童が出ているにもかかわらず新設したこどもの国学童保育室が閉鎖されていることを指摘し利用条件を緩和し早急に開放していただいたり、行政・公立学童・指定管理学童・民間学童等の連携を取れるよう意見交換会を開催していただいたり少しずつ取組みの成果も見えてきました。

先の6月議会で市長より、保育園・学童保育室ともに待機児童ゼロを目指すと力強い宣言を頂きましたが、まだまだ本腰を入れてできることはあると思っており、このゼロ宣言を追い風に更に進めていきたいと思っています。
今は、国県の補助金を活用して民間学童保育室の拡大・誘致を進められないか取り組んでいるところです。

学童保育室で子どもたちはどのように過ごしているのか、そこでどのような方がどのように働いているのか見学させていただきました。
駅頭後でたまたま持っていた桃の旗が大人気でした。
子どもたちと2時間ほど一緒に遊びましたが、もう元気いっぱい!

戸田の子どもたちが笑顔で放課後を過ごせ、保護者の皆さんが安心して預けられ、現場の皆さんが安定して運営できるよう、一つ一つ取り組んで参ります。

1

お気に入りの一枚です。

2桃の旗を持って、桃太郎さんを歌いながら公園へ。

3

外遊びで汗だくだくです。

4

女の子はみんなで折り紙遊びです。

民間学童保育室見学

民間学童保育室見学

常任委員会終了後、民間学童保育室を見学させていただきました。
これまで学童保育室の待機児童ゼロ、受入れ拡大を求めて参りましたが、きちんと自分の目でどういうふうに子どもたちが過ごしているのかみようと思い、見学させていただきました。
実は今日お邪魔したのは2回目で、先日お邪魔したときに子どもたちが「また来てねー!」と言ってくれていたので、今日お邪魔した時も「ももこ先生、また来たのー!」と言ってくれてとても嬉しかったです。

にしても、子どもたちが元気いっぱい!
今日は2時間近く、現場の方々と学童保育室の現状と今後について話し合いました。
議場で行政を批判するのは簡単ですが、やはり現場を見て、現場の声を聞き、一緒に課題を考えなければなりませんね。

これからも引き続き、学童保育室の待機児童ゼロ、受入れ拡大、そこで働く人の処遇改善を求めて参ります。

gakudou

 

戸田市の学童保育室の現状

戸田市の学童保育室の現状

コメントをいただきましたので、改めてお知らせいたします。
戸田市の学童保育室の待機児童は、平成平成25年度は0人だったものが、この3年間で急増し、平成26年度54人、平成27年度41人、平成28年度45人です。

今年度の待機児童の内訳は、戸田東小学校20人、新曽北小学校5人、美女木小4人、芦原小学校16人です。特に戸田東小、芦原・新曽北小、美女木小で増えています。マンション等の建設による児童数増とリンクしている印象です。

学年の内訳は、1年生が10人(戸田東小4人、新曽北小4人、芦原小2人)、2年生が1人、3年生が16人、4年生が14人です。特に地域によっては1年生でも待機児童が出ていることは問題です。

待機児童というと保育園ばかりが注目されますが、私は学童保育室の待機児童も大きな問題だと思っています。
現地も見学させていただき、これまで何度も議会等で取り上げて参りました。

〇[市内視察]新曽北小学校学童保育室
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/6240/

〈これまでの主な取組み〉
★閉鎖中のこどもの国学童保育室の開放(利用条件緩和)
https://konnomomoko.com/activity-report/news/5837/
→現に待機児童が数十人出ていて、事業者側がバスを出してでも受け入れると言っていたにもかかわらず行政がこどもの国学童保育室を閉鎖したのは極めて問題です。学区外の学童保育室に児童を通わせることについて学校側と協議がまとまらなかったことが問題の一つと聞いていますが、敷地外に施設を建設する時点で分かっていたはずで、構想から開設までに協議すべきだったと思います。ただ、指摘後、早急に利用条件を緩和した形で開放していただき、その後も引き続き活用していただいているのでなんとかよかったと思っています。

★行政と市内学童保育室(公立、民間、指定管理者)の意見交換会
https://konnomomoko.com/petition/7329/
→市は今後の学童保育室の需要については民間事業者を誘致していく方針ですが、私から見ると市の民間事業者に対する対応も疑問を感じることが多いのは否めません。確かに民間事業者側にも非がある場合もあるのでしょうが、そもそもの信頼関係が薄いようにも感じます。同じ市内で学童保育室に携わる方々が一同に会する場を持つことで少しずつ信頼関係を築けるのではないかと期待しています。今年度は更に学校も入った形で実施予定です。

★国・県の補助金の活用(新規開設、処遇改善、送迎費用等)
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/10196/
→国・県では子育て政策の一環として様々な補助金を出しており、一部市が活用しているものもありますが、民間事業者等が必要な補助金メニューについては手挙げをしていませんでした。市が自己資金で行っていたものの中で、国・県の補助金を使えるものもありました。新規開設、処遇改善、送迎、延長受入れ等について国・県が提供している補助金を積極的に活用するべきだと取り上げ、当初なんとか来年度予算で使えるよう準備中です。

最後に、今回の6月議会では、市長から「保育園・学童保育室ともに待機児童ゼロを目指す」というゼロ宣言も聞き出すことができました。
保育所については待機児童ゼロ宣言をしている自治体が多いですが、学童保育室についても待機児童ゼロ宣言をした自治体はとても珍しいと思います。

現在40人以上いる学童保育室の待機児童が来年度ゼロになるか、正直難しいところだと思いますが、国県の補助金も活用し民間事業者のお力もいただき、何とか減らしていけるよう取り組んでいこうと思います。

待機児童数はもちろんのこと、全児童対策(品川区がモデル)、4年生以上のニーズの確認、保育の質等取り組むべき課題は多いと思っています。

〇〈会派視察〉すまいるスクール@品川区を視察
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/5528/

市としても、急増する子どもの数と、その時その時の対応に追われて難しいところもあるのでしょう。
担当課の皆さん、現場の皆さんのお力をお借りし、今後も一つ一つ取り組んで参りたいと思います。

〈ご意見対応〉保育園の新規開設

ご意見内容

待機児童が106人となり、新規に保育園を開設したく、市に話に行ったが、はかばかしい反応を得られなかった。相談に乗ってほしい。

対応内容

担当課に確認したところ、話はもらっているが、検討中だということでした。事業者側は保育園予定地を仮押さえしている状況も伝えたところ、一週間以内に返答をするということでしたので、できるだけ早急に返答をするよう求めました。

読売新聞取材ー待機児童インタビュー

読売新聞取材ー待機児童インタビュー

今日は10時から、読売新聞のインタビューでした。
連載記事を書くにあたり、戸田市の待機児童について生の声を知りたいとご連絡をいただき、サンライズカフェさんのご好意でインタビューを開きました。
急なイベントでしたが、まさに当事者の方々が来てくださり、3時間以上インタビューをお受けしました。

メディアの力は時として怖いこともありますが、世の中を動かす大きな力にもなります。
当事者の声がどんな記事になるかドキドキです。

どうもありがとうございました。

yomiuri