「医療費」タグアーカイブ

[国民健康保険運営協議会]出産一時金改定・葬祭費見直し

DSC_2166
今日は、午後から国民健康保険運営協議会。
これは何かというと、「戸田市の国保について、お医者さんなど医療提供者と、議員など公益の代表と、一般市民ら被保険者などみんなで話し合っていこう」という会議体です。
今度、①出産育児一時金の改定、②葬祭費の見直しや医療費の増額補正予算などについて変わり、議会に上程されるのにあわせて、国保運協でも話し合いました。①出産育児一時金の改定
出産費用は保険適用ではなく、実費相当分(42万円)が保険者(市町村)から支給されます。この42万円の中に、出産に伴う補償制度分の費用が入っており、補償制度について国の制度が下がったことにあわせた制度改正です。
補償制度分が下がりますが、妊婦さんには今まで通り42万円が支給するために42万円の内訳を変えるための改定です(直接の支給先は病院のことが多いかと思いますが)。

②葬祭費の見直しや医療費の増額補正
国保加入者が亡くなった場合、保険者(市町村)から支給される葬祭費を8万円から5万円にするもの。戸田市の国保財政の悪化のほか、他の制度との不均衡の是正による見直しです。具体的には現在戸田市以外県内すべての市町村国保は5万円でまた75歳以上(後期高齢者医療制度)で亡くなった場合は5万円なので、それらとの不均衡を是正するものです。
この他、約3億円の補正予算についてなど。
私からは、ここ数年の医療費の増加の要因について、国保加入者の増加によるものか、高齢化によるものか、こども医療費無料化によるものか、前期高齢者の医療費の高さによるものか、など質問しました。やはり、前期高齢者の医療費の高さが一番の要因で、その他福祉医療の無料化によるものが大きいようです。

にしても、この国保運協・・・、医療提供者、一般市民、議員など国保に携わるそれぞれの立場の方がいるとても大切な会議なのにあまり議論が活発でないのがもったいなく感じています。
国保運協の議論って、どこの自治体でもこのような感じなのでしょうか。
今後も工夫しながら、より活発な議論がされるよう取り組んでいきたいと思います。

 

[健康福祉常任委員会]茨城県潮来市、新潟県新潟市への視察検証

DSC_2115

今日は13時から健康福祉常任委員会。
先週6-7日に行ってきた茨城県潮来市と新潟県新潟市の健康政策についての検証です。
「こんな点が参考になった」「これは戸田市でも取り入れられるんじゃないか」などを話し合い、提言書としてまとめて行く予定です。
私からは「健康都市宣言をしてみたらどうだろうか?」など、前期高齢者の医療費の高さや健康寿命の短さなど市民の皆さんにお伝えして、健康意識が高まるようにできないかとお話ししました。

[議員講習会]ロコモティブシンドローム

s-DSC_2117
続いて、議員講習会。
テーマは「健康寿命の延伸における運動器の重要性とロコモティブシンドロームの概念及び予防策」。講師は整形外科の先生です。
こう聞くと難しそうですが、「寝たきりならず元気に長生きするには、運動器(足・腰)を鍛えましょう!」ということです。

日本は既に高齢者人口割合が25.9%(平成26年)の「超高齢社会」に入り、今後要支援・要介護の人数も増え、介護費用・保険料も2025年には21兆円と試算されています。
要支援・要介護になる原因の第1位は骨・関節疾患(25.0%)であり、足腰を鍛えることが元気でいる大きなポイントだそうです。

今日は実際に歌いながらスクワットをしたりと体験もしました。
太ももの前の筋肉や後ろの筋肉などがプルプルして結構きつかったです。

私も市議になる前はあまり健康に関心も低かったのですが、今では少しずつ意識も高まりました。
FB等を通して少しでも皆さんの健康への意識が高まるといいなと思います。

 

[戸田市国民健康保険運営協議会]戸田市の国保財政(平成25年度決算)

DSC_1662
今日は、午後から戸田市国民健康保険運営協議会に出席しました。
「国民健康保険運営協議会」(通称「国保運協」)とは、市町村国保の運営について議論する協議会で、①被保険者(市民)、②保険医・薬剤師(医師会・歯科医師会・薬剤師会)、③公益代表(市議会議員)、④被用者保険等保険者(協会、組合、共済組合)からそれぞれ代表者が選出されています。
要するに、「戸田市の国保の医療のあり方について、市民や医師・歯科医師・薬剤師や市議会議員、他の保険者と皆で考えていこう」という協議会ですね。この中で私は③公益代表として議会から選出されています。
この役職、戸田の会には4年間で2回しか割り当てがなくて、国保運営に関心のある私はとてもやりたかった役職です。今回1回目の協議会でしたが、とても勉強になりました。

今日の審議内容としては、
(1)平成25年度戸田市国民健康保険特別会計決算
(2)平成26年度戸田市国民健康保険特別会計補正予算
その他報告案件として、先の6月議会で決まった医療費分析等業務などでした。

戸田市の国保財政は、多くの自治体同様ひっ迫した状況にあります。
平成25年度決算状況としても、
歳入約126億7074万円 歳出約122億7135万円
歳入は、被保険者から約29億円(22.8%)、国・県から約36億円(27.3%)、報酬支払基金から約22億円(17.4%)、国保連合会から約18億円(14.2%)、一般会計他繰入金から約23億円(18.1%)となっており、他自治体に比べて一般会計からの繰入金の割合が大きいことが戸田市の課題です。
対する歳出についても、保険給付に約76億円(62.0%)、報酬支払基金等へ約25億円(20.6%)、国保連合会へ約18億円(14.9%)、その他となっています。
歳出は年々増加しており(被保険者の人数自体は微増)、特に一般被保険者が人数の割合があまり変わらないのに、医療費が大きく増加しているようです。
やはり、65歳以上74歳未満の前期高齢者の医療費の増加が要因のひとつのようです。

ざっくり言ってしまえば、「戸田市は市民全体の平均年齢も若く、医療費全体では低いものの、65歳~74歳の医療費が増加しており、一般会計からの繰り入れも多い」ということ。
そのための対策として急きょ平成26年6月議会において約2000万円を投入して、民間事業者に分析&対策を委託します。
この分析&対策は、レセプト点検をしたり、ジェネリック医薬品への切り替えを促したり、重症化する前に対策をとるように促したりするもので、広島県呉市でも大きく効果を上げている取組みです。
これが戸田市でも行われるということで、私もとても期待しているところです。

医療費増加の抑制あるいは適正化に向けては、私は、保険者としての地位確保、医療提供者の意識、社会保険との連携が大切だと思っていますが、何より市民の問題意識の共有が一番大切だと思っています。
私自身、自分の市政報告会で取り上げたり、レポートに記事を書いて駅頭でお配りしていますが、少しずつ戸田市の国保財政の現状と改善について市全体で取り組んでいければいいなと思っています。

平成26年度埼玉県国保協議会南部ブロック国保強化推進協議会並びに研修会

DSC_1497

午後から、平成26年度埼玉県国保協議会南部ブロック国保強化推進協議会並びに研修会に出席しました。

「国保ってなに?」という方に・・・
私たちが病院の窓口で保険証を出せば全額支払わなくて済むのは(多くは自己負担3割)、残りを保険者である市町村や企業が支払っているからです。
保険証1枚でどこでも病院で診察を受けられるのが、国民皆保険制度。国民皆保険制度がないといわれるアメリカなどに比べて、日本の特筆すべき社会保障制度です。

しかし、増え続ける医療費にどの市町村も企業も悲鳴を挙げています。なかでも、市町村国保は退職者や無職者などが多く加入していることもあり、市町村の財政負担はとても大きいことが問題になっています。戸田市も例にもれず毎年多くの財政負担があります。

そこで、昨今の社会保障制度改正のひとつとして、「国保の単位を市町村ではなく都道府県にしよう!」という動きがあります。

私は医療制度や地域医療に関心があり、今回国保運営協議会の委員をさせていただいており、今日はその勉強会でした。
県南部の国保関係者が集まり、今後のあり方などについて学びました。

国保の保険者が市町村から都道府県に変わることで、財政上の問題は?都道府県と市町村の役割分担は?サービスはどうなる?という問題から、収納率アップ、データヘルス事業(レセプトなどデータを医療政策に反映していこうというもの)、医療費の安い個人・保険者へのインセンティブなどを学びました。
都道府県への移行は平成29年or30年とのことですが、ちょうど制度の過渡期にありますので、動向をチェックすることが大切です。

私としては、昨年1年間東大の医療講座で学んだこともあり、「医療もひとつの公共政策だ」ということにハッと目が覚める思いがあります。
保険者機能の強化、社会保険との連携、医療提供者側の意識などが重要だと思っていますが、まずは国民・市民教育が第一歩になるのではないかと考えています。
前回の市政報告会でも、戸田市の国保財政(6月議会にレセプト点検業務等の補正予算が出たので)を1つのテーマに挙げ、皆さんにお話ししましたが、「国保の仕組みなんて知らなかった」「不必要に病院にかかるのはやめよう」などご感想もいただき、微力ではありますが、こうして理解が広まっていけばいいなと思っています。

子ども医療費

1017769_594322030675602_4381314045403060590_n
【子ども医療費】
少し前、5月1日号の戸田市広報で気になる記事がこちら
「子どもたちの健康のために!ー子ども医療費の全額助成

今全国の自治体では子どもの医療費を無料にする流れがあり、戸田市も平成25年1月から小中学生の医療費を全額助成しています。
「子どもを持つご家庭にとってはとても助かる!」という声も聞いていますが、一方で「無料だから、子どもと一緒にマッサージをしてもらった」という声も聞いています。

戸田市でも平成24年度約4億4000万円→平成25年度約5億8000万円と増えています。
子ども医療費全額助成を始めたからか、治療が必要なことが増えたのか、子どもの数が増えたのか、きちんと分析しないと理由はわかりませんが、他の自治体で増額しているところもあるようで、全額助成もその一因にあるのではないかと思います。

このままいけば市の財政の負担は増え、結果的に医療費助成を縮小せざるを得ないこともあるかもしれません。
皆さん、医療機関への適正なかかり方を!
あわせて、電話相談なども利用してくださいね!
→埼玉県小児救急電話相談
「♯8000」(シャープ8000番)
048-833-7911

国保運営協議会

DSC_1145

そのあとは、国保運営協議会について事務局からの説明会を。
これは市町村国保について議論する協議会で、今年度私は委員になっています。
市町村国保は関心があって今回委員にさせていただきましたが、やっぱり国保は色々問題も抱えていますね。
企業の健康保険を出た方が市町村国保に入ることも多く、平均年齢が若い戸田でも課題はあります。市町村国保は行政だけではなく、本人の自己管理、医療提供者側も問題意識を共有して取り組まないといけない課題だと感じました。

[健康福祉常任委員会]予算審議

1947429_554060888035050_768364267_n

今日も10時から常任委員会、予算審議が続きます。
午前中は、高齢者福祉費、介護保険特別会計、午後は児童福祉費、保育園、学童、児童センターなど子ども関係予算が続きます。
その後、委員会での討論・採決、請願審査、年間活動テーマについて話し合いなどまだまだ続きます。

〇柔道整復師
柔道整復師の施術は骨折などで医師の指示がある場合は保険適用ですが、肩こりや疲労などの場合は保険適用外です。戸田市はこれをきちんとチェックしようという取り組みを平成24年度より県内で初めてが行っています。この取り組みをすることで、医療費請求の単価が抑えられ、適正な申請をするよう抑制効果もあるようで、効果は徐々に出ているとのことです。
・厚労省HP
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/jyuudou/〇医療費
戸田市は一人当たりの医療費は県内で一番安いのに、前期高齢者(65歳以上75歳未満)の医療費は一番高いそうです。これには様々な要因があるようですが、健康寿命(65歳以上の人が要介護2以上になるまでの期間)が男性ワースト1位、女性ワースト2位ということもあり、何かしら課題はあるようです。
・埼玉県HP
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/kenzyu.html

〇コール・リコール(個別の受診勧奨)
健診などなかなか受診率が上がらないものについて、一番効果が高いといわれるのが「コール・リコール」。戸田市では約370万円を計上して、コール・リコールに取り組むようです。

〇プリムローズ
大型遊具を順次撤去し、ダンス用ミラー、ドラムセット、マイク、キーボード、ギターセット、電子ピアノなどが設置予定です。今回も撤去費と設置費用で約600万円が計上されました。私も小学生の頃よく通ったプリムローズが変わるのは楽しみ。ちなみに、管理委託料は約7300万円です。

・プリムローズ
http://www.geocities.jp/toda_jidoukan/

〇保育園
戸田市も待機児童対策は課題の一つ。新しく3園が増え、戸田市は公立保育園8園、民間保育園13園+新3園=計16園になる予定です。
市の説明によれば待機児童は298名(うち一歳児特別枠を除けば279名)。戸田市も多額の予算を保育園にかけています。民間保育園運営は約13億8800万円を計上、公立保育園管理運営には約5億8000万円を計上しています(それ以外も色々と費用はかかります)。
今回も、戸田市も家庭保育室に通わなければならない場合の差額の助成を約8800万円まで大幅に増額したり、人員を増やしたりと取り組んでいます。まだ公立と民間の格差はあるのではというご意見もあり、やはり保育園は市町村の抱える大きな課題ですね。

〇学童
戸田市は平成26年度から学童の受け入れを3年生→4年生まで拡大します。人員も強化されます。

〇新曽北小学校
北小の学童を学校隣接地に移転し、0歳~2歳までの保育園、ひとり親支援などの複合施設にする案があるそうです。土地価格約5億2500万円(市負担)、建物価格約1億2000万円(事業者負担は約8000万円)。ずいぶん大規模な複合施設になりそうです

 

[健康福祉常任委員会]予算審議①

今日は10時から健康福祉常任委員会。16時過ぎまでみっちり予算審議。
主に、市民医療センター、介護老人保健施設、在宅介護支援事業、福祉保健センター関連事業、介護保険特別会計、国民健康保険特別会計などを審議しました。
委員会での審議の一部をご紹介します(私だけではなく他の議員の皆さんのご発言も含まれます)。〇市民医療センター@美女木
https://www.city.toda.saitama.jp/1/427.html

市内唯一の公的医療機関。私も議員になって初めてかかりました。
平成26年度予算は約8億667万円。
外来収入約4億4100万円、入院収入約7300万円の他、一般会計からの繰入金は約4億7700万円。毎年、約8億円の運営費のうち、約5億円は市のお金を入れているということ。
外来と入院(19床)では、入院部門が支出が大きく(医師や看護婦の配置など)、19床ではやはり財政的な負担は大きいようです。市としても床数を増やしたい意向はあったようですが、県などから認められず、19床になったそうです。また、医師の確保も大きな課題で、今後は仲介業者を検討したり、年齢制限を広げたり考えるそうです。
市からの繰り入れは大きいのですが、やはり公的医療機関としての「セーフティネット」として果たさないといけない面もあります。平成28年度には隣の老健とおあわせて再整備フルオープンしすので、市民や関係者の皆さんのご理解やご努力が高まればと思いました。

〇介護老人保健施設@美女木
http://www.city.toda.saitama.jp/1/444.html

市民医療センターの隣にあるのは介護老人保健施設(いわゆる「老健」)。特養が住民票も移して”終の棲家”のイメージであるなら、老健は住民票は移さず”自宅に戻る”ための施設。なので、リハビリなどがあります。そうとはいえ、実際には特養と実際はほとんど変わらないという指摘もあります。

平成26年度予算は、約10億3357万円。
サービス収入(給付費、自己負担含む)が約2億8000万円、一般会計からの繰入金は約3億2215万円、市債が約3億8140万円。

戸田の老健の利用料は、約9万円(多数人部屋)~約13万円(個室)/月。近隣や民間では25万円近いところもあることからすればかなり安価だそうで、現在入居待機者は129名。現在在宅にいて入居を待っている方は50名強。それ以外の方は医療機関や他の特養などから移ってきたいという方。やはり、病院と施設を回っている方は一定数いらっしゃるようです。
ただ、ここ数年で民間での特養などが急に増え(先日戸田中央病院グループの特養もできました)、一気に数百床増えたそうです。

〇福祉保健センター関連事業

・風疹の予防接種助成は今年の3月31日まで(来年度の助成はありません。)、流行は落ち着いてきましたが、ご希望の方はお早目に!
http://www.city.toda.saitama.jp/461/460538.htm

・風疹抗体検査
風疹の予防接種は今年度で終了ですが、今後は「抗体のない方に接種する」という方針へ。抗体検査については、国も概算要求を出しており、おそらく国1/2と県1/2の負担で、本人は無料となる見込みです。市は財政負担はしないけれど、周知に取り組むという方針。
http://www.asahi.com/national/update/0828/TKY201308280026.html

・子宮頸がんワクチン
以前より私も複数ご相談を頂いている子宮頸がんワクチン、2月26日の厚労省審議会を見ても、いまだはっきりとしたことは示されていません。当初は、対象者約3000名のうち、約2000名(約67%)が接種していたそうですが、積極的な勧奨をやめてからガクンと落ち、約200件(4月~12月積算。積極的勧奨をやめたのは6月)だそうです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000038484.html

・妊婦健診
戸田では妊婦健診が充実しているとの声も聞きますが、1人全18回で総額9万9990円の助成があります。平成26年度予算では、総額約1億4100万円が計上されました。

 

[健康福祉常任委員会行政視察]新潟県見附市

2014-01-17 14.46.08
17日に行ってきた見附市の取り組みをお伝えします。

<見附市>
〇新潟の中心部
〇人口42,133人(戸田の約3分の1)
〇面積77.96㎢(戸田の約4倍)
〇高齢化率22.75%。(戸田は約14%)
なので、戸田より4倍広い土地に、戸田の3分の1の人が住んでいて、戸田より高齢者の割合が多い町、といったところです。

<スマートウェルネス>
この見附市で推進しているのが、「スマートウェルネスシティ」、まちづくり全体を通して健幸に!(←コウの字がポイント!)という政策です。
http://www.swc.jp/

高齢者を中心とした健康運動教室を開き、体力年齢が約15歳若返り、医療費も約10万円の抑制効果が出たそうです。
この政策で興味深いのは、スポーツや健康政策を推進しても、結局もともと健康志向が高い人しか利用しないという壁に対して、「健康への関心が薄い市民でも自然と健康になれる町(ハード面)を作っちゃおう!」ということ。
車ばかり使わずに自然と人が歩く街並みを整備したり、道

路等を整備したりと、まちづくり=健康づくりという印象を受けました。
2014-01-17 14.25.44
2014-01-17 14.44.562014-01-17 14.25.18
中でも、自治体共用型健幸クラウドにはびっくり!
A市(国保)とB市(国保)と協会けんぽや組合健保など全部で6割前後、約50万人(正確な数字ではありませんが)の情報を一元化しているそうです。
保険者を横断して市民の健診・レセプトデータ等を一元化し(もちろん匿名化)、政策に活かすなんて、本当にできるんだ!と驚きました。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130703/290938/
あとは、「地域コミュニティが結成されている地区は、健幸度も高い」ということ。地域コミュニティの高さがどうして健康につながるのか不思議でしたが、運動教室を見て納得。
「地域コミュニティ」と聞くと組織的なものを想像してしまいますが、要するに「地域の仲の良さ」だと思いました。
運動教室は、外の雪も溶かしてしまうのでは?というほど多くの高齢者の方が思い思いに運動していらして、雑談したり、将棋や囲碁をしていたりと、地域の仲の良さが健康や災害時などの協力体制につながるんだなと感じました。2014-01-17 14.50.56