「福祉(高齢者・障がい者)」タグアーカイブ

[平成27年12月議会]一般質問ー福祉事業

[平成27年12月議会]一般質問ー福祉事業

1件目の二点目は、高齢者や障がいのある方等のゴミ出しが困難な家庭の支援についてです。

(2)高齢者や障がいのある方等のごみ出しが困難な家庭の支援について。

こんの 市内の福祉事業者の方から、会派宛に「高齢者や障がい者を対象としたまごころ収集サービスがほとんど機能していない。介護保険サービスを利用しようとしても、ゴミ出し単独の項目がなく他のサービスと組み合わせて20分以上にしなければならず、しかも朝8時までに出さないといけないため、ヘルパーが持ち帰っているなどして対応している」というご意見をいただいた。調べてみると、確かに市のまごころ収集サービスは事業者のご厚意に基づくもので広く利用できるものではない。高齢者や障がいのある方のゴミ出しは大きなテーマであり、市の対応を問う。

福祉部長 現状の介護保険サービスでもゴミ出し等の生活支援サービスは提供されているが、20分未満のゴミ出しでは利用できず、その他のサービスと合わせてサービスに組み込んでいる。その他、地域のつながりによって支え合っている事例もある。今後「地域包括ケアシステム」の構築における「新しい総合事業」においてメニューを創出する必要がある。すべてのニーズを公的サービスで完備することは難しく、今後地域の生活支援コーディネーターや協議体を早期に設置し、体制整備に努めて参る。

こんの 「新しい総合事業」は要支援1、2とそれ未満であってもチェックリストに入った人は対象となるが、症状がより進んだ要介護1~5の方は対象ではない。障がいのある方も対象ではない。この問題は、要介護の人を対象とした介護保険の仕組みを作る〈国〉と要支援の人を対象とした地域包括ケアシステムの仕組みを作る〈地方自治体〉の狭間、あるいは、地方自治体の中でもゴミを扱う〈環境部局〉と高齢者・障がい者を扱う〈福祉部局〉の狭間にあるように思える。この問題を考えることは、地域包括ケアシステムやノーマライゼーションの社会を作ることへつながる。他自治体でも各々が環境部局、福祉部局、衛生センターなどで独自の仕組みはできている。戸田市でも検討を。

スクリーンショット 2015-12-12 12.42.38 スクリーンショット 2015-12-12 12.42.51 スクリーンショット 2015-12-12 12.44.46

福祉部局 議員の言う通りニーズも高まっており、地域の中での解決の方策を作り上げていかないといけない。他の自治体の成功例、課題を研究していきたい。今後、戸田市としては平成28年4月から生活支援コーディネーターと協議体を立ち上げ、様々な地域福祉のニーズ課題を把握して協議していきたい。地域包括ケアシステムの構築はまちづくりにつながる。広範囲の施策が関連する問題であり、庁内各部署、市内団体等と今後どのように連携し、協力し合って一致団結して向かって行けるかが、高齢者・障がい者が地域で住み続けるための大きなカギ。優しい道のりではないが、国や他自治体の情報を未来に向けかた課題を見つめて施策を講じていきたい。

こんの 高齢者・障がい者に関するから福祉部局ではなく、地域包括ケアシステムやノーマライゼーションの社会の構築の問題は環境部局や市民生活部局もまじえて全庁的に取り組む問題。連携強化を。

福祉部長 今後、様々な施策について、手を取り合ってきちんと連携を取って取り組んでいきたい。

<こんのコメント>
一通のメールから、その問題の背景には〈国〉と〈地方〉、〈高齢者〉と〈障がい者〉、〈環境部局他〉と〈福祉部局〉などの制度の狭間があり、ゴミ出しの問題を考えることは、今後の地域包括ケアシステムやノーマライゼーションの社会の構築につながる問題だと思いました。今後すべての福祉サービスを行政が行うことは事実上不可能であり、自助・共助・公助の仕組みを作ることが大切です。今回のご答弁では、要支援の方→新しい総合事業での検討、要介護の方→協議体での検討、障がいのある方→全庁的な問題となりましたが、この一般質問を話し合う過程で各部長とお話しすることもでき、今回の質問で市内部の考え方に触れられた気がします。今後の前進に期待します。

1pan1-2

[平成27年12月議会]一般質問ー福祉事業

[平成27年12月議会]一般質問ー福祉事業

4日は私の一般質問でした。
今回取り上げたのは2つのテーマで、一件目が福祉事業(社労士「経費」、ゴミ出し)について、二件目がテレワークについてです。
まず一件目、福祉事業について。

1福祉事業について
(1)生活保護受給者が障害年金の申請等に際し、社会保険労務士に依頼をした場合の「経費」について。

こんの 生活保護は「最後のセーフティネット」と呼ばれ、他に利用できる制度がある場合はそちらが優先される(他方優先原則)。生活保護受給者のなかには障害年金を受給できる場合もあり、障害年金を受給できれば、自治体の財政負担を減らし、なによりご本人が生活保護ではなく自分の支払ってきた年金制度を利用したいという思いに添うことができる。しかし、実際には障害年金を申請するのは難しい面もあり、社会保険労務士に依頼することもある。その際、社労士に支払った費用が「経緯費」として認められるかは大きな問題となる。経費として認められれば、収入から控除されるからだ。この点、厚労省は「他方優先原則により障害年金を受給できれば申請するよう要請しているが、社労士費用を「経費」として認めるかについて明確な指針は出しおらず、自治体・福祉事務所ごとの判断による」とのことだった。戸田市の対応を問う。

福祉部長  生活保護制度には他法他施策の活用について規定があり、生活保護受給者が障害年金を受給できる可能性があれば当然受給に向けて指導しており、受給できればその額を「収入」として認定する。厚生労働省の指針によれば、「年金収入を得るために必要とした費用がある場合は、その実際の必要額を経費として認定すること」とあり、社労士に申請手続きを依頼した場合は、その経費を収入から差し引き、生活保護受給者に不利益になることはない

<こんのコメント>
ご覧になっている方には至極当然のように思えるかもしれませんが、これは画期的な答弁です。私としても、期待以上の答弁でした。他自治体によっては経費として認めていない例もあるなかで、戸田市がこれほど明確に立場を示したことで、今後県内や全国へ波及していくことと期待しています。ただ、今後厚労省の指針が変わる可能性もありますし、必ずすべての案件で全額経費として認められるものでもないと思いますので、その点をご留意いただければ幸いです。

1pan

 

 

[平成27年12月議会]一般質問通告

[平成27年12月議会]一般質問通告

12月議会の一般質問を通告しました。
一般質問とは、議員が市長以下執行部に対して、市政全般について政策提案や市政運営の是非を問うものです。
「議会の華」と呼ばれることもあり、議員が自分の政策を市政の場で発言できる大切な機会ですね。
今回は、23人中(定員26人、現職24人、議長は一般質問をしません)13人が登壇します。

今回は大きく2つのテーマを取り上げました。
1つ目は、福祉事業については、①生活保護受給者が社会保険労務士費用の「経費」認定について、②高齢者や障がいのある方などのごみ出しについて、2つ目は、テレワークについて、①市の取り組み、②民間事業者への支援、③公共施設での実施についてです。
登壇日は12月4日(金)です。
準備真っ最中です。


1.福祉事業について
(1)生活保護受給者が障害年金の申請等に際し、社会保険労務士に依頼をした場合の「経費」について。
(2)高齢者や障がいのある方等のごみ出しが困難な家庭の支援について。
2.テレワークについて
(1)戸田市によるテレワーク導入について。特に「戸田市特定事業主行動計画」の進捗状況は。
(2)民間事業者によるテレワーク導入の支援について。
(3)公共施設におけるテレワーク実施について。

〇戸田市議会ー発言通告
http://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/g07_Shitsumon.asp

24時間訪問介護・看護サービスの見学

24時間訪問介護・看護サービスの見学

今日は午後から、市内の介護施設を見学させていただきました。
今回の9月議会で24時間定期巡回・随時対応訪問介護看護事業の県補助金が上程され、戸田市でも今年度中に事業開始が決まりましたが、実際にどのようなサービスがなされるか、自分の目で確かめたかったのです。

実際に施設を拝見させていただき、一時間半にわたり職員の皆さん、入所の皆さんから貴重なお話を伺うことができました。
やはり”百聞は一見に如かず”ですね。

特に印象的だったのは、100歳近い高齢者を介護するのが80歳近く自分自身も介護が必要なこともあり、お孫さんが両親・祖父母の両方を介護することも多いという事実です。

2025年には団塊の世代が75歳を迎え、介護の問題、地域包括ケアシステムを社会全体で考える必要があります。
将来的には施設だけではまかないきれず、在宅介護の流れになるといわれています。
住み慣れた地域で過ごせるよう、ご家族の負担が少しでも軽減されるよう、この訪問介護事業が充実していくといいなと思っています。

本日はどうもありがとうございました。

〈お知らせ〉定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業の県補助金(1597万円)が上程されました!https://konnomomoko.com/activity-report/news/6642/

24

〈ご意見対応〉障害年金の申請

〈ご意見対応〉障害年金の申請

去年の夏に、市内の方からご主人様が身体障がい1級となって困っているとご相談を頂いていました。
高次脳機能障がいもあり、申請のタイムリミットも迫っていたため急いで支援団体につなぎ、社会保険労務士の先生にご相談していました。
当初は申請が認めらなかったのですが、その後社会保険労務士の先生のご尽力もあり、先日無事不服申し立てが認められたとご連絡を頂きました。

一度申請が認められないと、不服申し立てでひっくり返るのは本人申請では1割、社会保険労務士の先生に手伝っていただいても3割だそうです。
今回は特に、事故から半年で重い状態になっていたものの固定時期の認定が引っかかっていたそうです。

涙ながらにお話をされていたときから1年強、道が開けて本当に良かったです。

〇ご意見対応ー障害年金の申請
http://todanokai.com/petition/950/

[平成27年9月議会]質疑ー定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業(1597万円)

[平成27年9月議会]質疑ー定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業(1597万円)

4つ目です。平成27年度の補正予算です。私が平成25年12月議会で提案していた「定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業」について、県補助金(1597万円)の内示が出たため、補正予算で提出されました。

◇議案第68号 平成27年度戸田市一般会計補正予算(第3号) 
款3民生費、項1社会福祉費、目4高齢者福祉費、事業18地域医療介護総合確保基金事業費補助金交付事業について
(1)戸田市で「定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業」を行うことにした経緯は。
(2)いつから事業が開始されるのか。
(3)今後、市はどのように利用者に周知し、また、事業者を支援するのか。

答弁:
(1)要介護高齢者の在宅生活を支えるためのサービスとして平成24年4月に創設。その後「第6期戸田市高齢者福祉計画・介護保険事業計画」において新規導入サービスとして位置付け、戸田市総合介護福祉市民協議会で承認を受けた。公募の結果、1事業者から応募があり、指定する方針を決定。この決定に基づき、平成27年度補助金を利用して整備することにし、7月に県の補助金の詳細が示され補正予算を計上した。
(2)既に県から補助金の内示を受けており、事業者の申請を受け、年内に県から交付決定。遅くとも平成28年3月中には指定を行える。
(3)利用者へは、市のホームページや介護保険パンフレットに載せ、ケアマネ等には各種会議を利用して情報提供する。事業者へは、随時連絡をおこ案って折、今後も支援する。特に今回は、初めてサービス開始であるため、利用状況や効果検証を行い、高齢者が安心して暮らせる環境絵師日に努める。

再質問:
当初は平成27年度早い時期での利用開始と言っていたが、「平成28年3月中」と変更になったが、実際に利用できるのはいつか。

答弁:
実際に利用できるのは遅くとも3月中。今後手続き次第で1月中旬にできる可能性もある。


平成25年からずっと戸田市での実施を求めていた定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業です。当初は平成27年4月利用開始を目指していましたが、県補助金を活用する形で遅くとも平成28年3月に利用できることとなりそうです。既に県から補助金の内示も受けているということで、事業者の自己資金のみでの事業ではなく、約1600万円の県補助金を活用してより充実したサービスとなることを期待しています。遅くとも来年3月(早まる可能性もある)とのことで、1日でも早い利用開始を願っています。

〇録画放映
http://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/g07_Video_View.asp…

s4

〈お知らせ〉定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業の県補助金(1597万円)が上程されました!

〈お知らせ〉定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業の県補助金(1597万円)が上程されました!

以前、地域を回っているときに、ご自宅で介護をなさっているご高齢の女性から、「自宅で夫を介護しているけど本当に大変。夜中にベッドから落ちてしまって一人で抱えられず、介護のつらさもこみ上げて、心中しようかと思った」というお声を伺いました。

調べたところ、24時間早朝でも深夜でも定期的に巡回し、連絡があると駆けつけてくれるサービスがあり、戸田市では導入されていなかったため、早期に導入できないか提案していました(平成25年12月議会一般質問)

その後、事業者の公募がされ、県職員さんや市職員さん、事業者の方々との何度も話し合いを経て、ようやく今回の9月議会で1597万円の県補助金が計上されました。
今回県補助金が計上されることとなり、本当に嬉しく思っています。

当初予定していたより少し遅くなってしまいましたが、早くこのサービスを利用できるようになるといいなと思っています。

〇 厚生労働省ー定期巡回・随時対応サービス
〇[平成25年12月議会]定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業
 

2017situmon_1

〈お知らせ〉質疑を通告しました。

〈お知らせ〉質疑を通告しました。

2日に質疑通告を行いました。
「質疑」とは、議案に対して質問をすることです。
「一般質問」は市政全般に対して「こうしたらどうか?」「これはいいのか?」と自分の思いを込めて政策提案や市政是正をすることですが、「質疑」は議案に対して「これはどういうこと?」と質問することで、自分の思いは込めません。

戸田市議会の場合は、議案が本会議上程後、各所管常任委員会に付託されるので、自分の所属する委員会に付託される議案であれば、本会議で質問をしなくても委員会で質問を行うことができます。
他方、自分の所属委員会以外に付託される議案に対しては、本会議の質疑の場で質問をしないと答弁を得ることはできません。

質問したいことは山ほどあれど、私はいつも「その議案は広く市民の皆さんに関係するか」といった観点も踏まえて、質疑を通告します。
今回は4件の議案について質疑を行います。

登壇日は7日(月)10時からです。
週明け午前中なので、今日でだいたい担当課との論点整理が終わりました。

ーーーーーー
◇議案第64号 北戸田駅北自転車駐車場改修等工事請負契約について
(1)収容台数の増減と、その他の自転車駐車場を含めた収容台数の増減は。

←市内3駅の駐輪場が大幅に改修されます(一番高額なのが北戸田駅北駐輪場で工事費約1億7660万円)。今度どうなるか気になります。

◇議案第65号 指定管理者の指定について
(1)選定過程について、何社の応募があり、どのような基準に基づき、どこが評価され、選定されたのか。
(2)委託する業務内容及び登録利用料は。
(3)現在自転車駐車場で働いている方々の処遇は。

←市内3駅8か所の駐輪場が一括で指定管理者の管理になります。どんな事業者がどんな理由で選定され、今後どうなるか気になります。

◇議案第68号 平成27年度戸田市一般会計補正予算(第3号)
款2総務費、項2徴税費、目2賦課徴収費、事業5収納事務費、節13委託料の納税コールセンター運営業務について
(1)現状と、今回の事業でどのように変わると見込んでいるのか。

←約640万円で納税コールセンター運営業務費が補正予算で挙がりました。現状の納税に向けた取り組みと、コールセンター導入によりどう変わるか気になります。

◇議案第68号 平成27年度戸田市一般会計補正予算(第3号)
款3民生費、項1社会福祉費、目4高齢者福祉費、事業18地域医療介護総合確保基金事業費補助金交付事業について
(1)戸田市で「定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業」を行うことにした経緯は。
(2)いつから事業が開始されるのか。
(3)今後、市はどのように利用者に周知し、また、事業者を支援するのか。

←平成25年12月議会の一般質問で私が提案していたもの。県補助金が1597万円計上されました。どういう事業となるのか気になります。

〇戸田市議会発言通告

市民医療センターに耳マークの掲示!

市民医療センターに耳マークの掲示!

平成26年12月議会で提案した「耳マークの掲示」ですが、今日市民医療センターに行ったところ、色々な場所に掲示されていました!
これは、耳が不自由な方から「病院などで番号が呼ばれていることがわからない」というご不安をお聞きして、議会で提案したものです。
これで、少しでも安心していただけると嬉しいです。

〇こんの桃子「耳マークの導入を!」(平成26年12月議会)
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/2278/
〇レポート8号
https://konnomomoko.com/wp-content/uploads/…/01/report_11.pdf

m1 m2 m3

介護保険勉強会

2015-02-24 14.56.13

その後は、議員対象の介護保険勉強会です。
3月議会で介護保険改正条例が上程されるのに伴い、介護保険の仕組み等について学びました。

以前は国民健康保険や財政状況等についても勉強会がありましたし、こうして所管委員会だけではなく議会全体で学ぶ機会は大変勉強になります。
他の市議会では議員対象の勉強会などはどのようにされているのでしょうか?

今日学んだのは、介護保険の仕組みや改正案について。
戸田市は市民の平均年齢が県内で一番若い町ですが、介護事業とそれを支える介護保険料(40歳以上加入)が一番安いわけではありません。
高齢化、介護認定者数、介護サービスの充実などで、第1期(平成12年度末)から高齢者数は2倍、介護認定者数は3倍、介護事業総事業費は4倍と増えています。
それに伴い、今度戸田市の介護保険(現基準額4433円/月→新5600円/月)へ引き上げられる条例案が上程されています。
なぜその引上げが必要か、金額の算出根拠などについて説明していただきました。

介護保険は40歳以上の方が支払うもので、私はまだ支払っていません。
保険料も支払っておらず介護もしていない身にとっては、遠い話でしたが、今日の勉強会を通して意識も変わりました。