「議会(委員会)」タグアーカイブ

総務常任委員会ー年間活動テーマ「市役所庁舎の有効利用に関する提言書

総務常任委員会ー年間活動テーマ「市役所庁舎の有効利用に関する提言書

今日は9時からレポートの打ち合わせの後、13時半から総務常任委員会です。
年間活動テーマの「市役所庁舎の有効利用に関する提言書」について話し合いました。
公共施設の中心となる市役所庁舎にユニバーサルデザインの観点から有効利用を進めようという提言です。
市役所庁舎にはまだまだ利用できる場所がたくさんあります。

皆で意見を出し合い、執行部(市役所)への提言をまとめていきました。
12月に執行部に提言予定です。

soumu

[平成28年9月議会]交通対策特別委員会

[平成28年9月議会]交通対策特別委員会

今日は10時から、交通対策特別委員会です。
4日間の常任委員会を終え特別委員会になると、やっと議会も山場を越えたなと少しほっとします。

今日の特別委員会では、tocoバスの平成27年度の利用状況をご報告いただきました。
全路線で利用者数が増加し、総利用者数は約34万4500人。
運行経費は総額約1億3245万円で、そのうち料金収入は約3547万円(約26.8%)、補助金額は約9697万円(約73.2%)です。
1人当たりの運行経費は384円です(利用料金は100円/回)。

その後引き続き調査案件について話し合い、先日行った全路線試乗調査や視察先の検証結果等を踏まえて話し合いました。
今回こうして特別委員会でも主体的に調査を行い取り組みをしているところですが、電子カード導入、バス運営協議会等の市民参加のあり方、ネーミングライツや広告収入のあり方、運行路線やバス停など何からの形で中間報告ないし提言をまとめていければいいなと思っています。

koutuu

[平成28年9月議会]総務常任委員会4日目

[平成28年9月議会]総務常任委員会4日目

今日は10時から総務常任委員会4日目です。
今日はこれまでの審議を踏まえ、討論・採決を行い、すべてについて賛成多数で可決されました。

その後、年間活動テーマについて話し合いました。
ユニバーサルデザインの観点を活かし、市役所庁舎の有効利用について各フロアごとで改善を要すると思われる箇所を指摘しました。

私が特に指摘したいのは、閉鎖中の地下食堂です。
昨年閉鎖して以来、お昼休みは職員の方が休憩を取っているもののほとんど使われておらず、とてももったいないと思っています。
市としては職員の福利厚生としての食堂の再開は考えていないということで結論は出ていますが、市役所地下の広いスペースは大きな可能性を秘めた場所だと思っています。
例えば、カフェだったり、障がいのある方が働いたり、地元の商品や野菜を売ったり、子ども連れで気軽に来られる場所であったり、テレワークや働く女性の支援ができたり…と色々イメージは尽きません。
市民の皆さんからもアイディアを募って、ユニバーサルな社会を体現するような利用ができればいいなと思っています。
長い間閉鎖されたままの地下食堂が有効活用されるよう進めていきたいと思います。

長い4日間の決算審議が無事終了しました。
明日は特別委員会です。

委員会は中継等もされていないのでイメージがつきにくいかなと思い、審議中をイメージして撮りました。
委員会も傍聴できますので、ぜひお越しください。

3

[平成28年9月議会]総務常任委員会3日目

[平成28年9月議会]総務常任委員会3日目

今日は10時から総務常任委員会3日目です。
今日の議論で興味深いものをお知らせします。

■公共施設等整備基金積立金 約11億1641万円
公共施設整備のための積立金で市としては30億またはそれ以上積み立てたいところだが難しいということで20億円を目標としているそうです。

■財政調整金 約11億9491万円
財源に余裕があるときに積み立てて不足するときに取り崩して使う基金で、平成27年度末で約38億円だそうです。これを将来のためにとっておくよう求めるか、財源があるなら今市民サービスに還元を求めるか議論が分かれるところです。私は基本的に前者の立場です。

■歳入 市民税約121億2089万円
個人市民税は、平成26年度の約91億4054万円(補正なし)から平成27年度の約92億円8713万円(約1億8672万円増額補正)へ。
法人市民税は、平成26年度の約24億1728万円(約3億3638万円)から平成27年度の約28億3375万円(約5億9839万円増額補正)へ。
個人市民税、法人市民税ともに増額傾向にあります。個人市民税は所得のある人の転入が多いこと、法人市民税は大手3社の影響が大きいようです。
やはり戸田市は市民税、固定資産税が安定して強い印象ですが、これに甘んじてはいけませんね。しっかり対策を立てないといけないと感じました。

■寄付金ーふるさと納税
「ふるさと納税」は決算上では「寄付」になるそうですが、担当課は具体的なふるさと納税額は把握していないようで驚きました。今回ふるさと納税の返礼品について補正予算も組まれていますが、対応は後手後手だなという印象です。

■[補正予算]学校施設環境改善交付金 小学校ー6451万円減、中学校ー7521万円減
当初国の交付金の取得を見込んでいたものの、国の交付金(東日本大震災関連交付金)が不採択となり減額補正をし、それに伴い契約自体も縮小したというもの。これは不採択が多かったようで、全国的にもニュースになっています。改修箇所として当初は特定天井、給排水等を考えていたそうですが、今回の不採択を受け、重要なものは実施するものの契約自体を見直すとのことでした。

3

[平成28年9月議会]総務常任委員会2日目

[平成28年9月議会]総務常任委員会2日目

今日は10時から総務常任委員会2日目でした。
朝一番の情報政策統計部門から財務部門を審議しました。
今日の総務常任委員会での議論で興味深いものをお知らせします。

■電子計算組織運用事業 約3億4323万円
ホストコンピューターと基幹系サービス(マイナンバー関連)の運用にかかる経費です。標的メール対策のための「サンドボックス」(怪しいものをいったん開けて確かめる機能)等専門的で難しく、私のような一議員ではもはやそれが必要なのかどうか、適切な予算なのかどうかを判断することは至難の業です。行政のシステムは個人情報等の観点から絶対に安全を確保しないといけないものであり、同時に多額の費用がかかる分野です。システム系に強い議員がいれば少しは指摘できるのでしょうが、私には説明を聞いてなんとかついていくので精一杯でした。

■施設予約システム 約553万円
市内の公共施設をインターネット上で予約できるシステムです。他自治体ではもっと多額の費用がかかっていることもあると聞いていたので、この金額でできるんだと驚きました。運用から様々なご意見を頂きながら改善していく旨の説明をしていたので、どのようなご意見にどのように対応していくのか確認したところ、これまでは当日までに料金を支払えばよかったものがシステム導入後は事前に支払わなければならないため、今後のシステム変更等の際に見直しを検討していくとのことでした。あわせて私からは電話予約もできるようにと検討をお願いしました。

■防災事業 約1億1905万円
以前報道で自治体等の非常食が廃棄されているものもあると聞き、戸田市の対応を確認したところ、戸田市で廃棄しているものはほぼないということで安心しました。また地下備蓄倉庫等、戸田市は水害に弱く水害時に備蓄倉庫が水没しては元も子もないので引き続き検討・対策を求めました。

■納税コールセンター 約579万円
平成27年11月から新たに始まった納税コールセンターの予算です。税金の納付期限を忘れている方も多いようでお電話にてお知らせする取組みです。当初導入した際からとても関心のあった政策ですが、なんとその効果は約5799万円!つまり制度導入の10倍の効果があったということで、担当課しても非常に効果的と感じているようです

■滞納額
昨年度の滞納額の最高額は約4700万円(個人)だったそうです。不動産取引で脱税し、課税をされ、市県民税の滞納について市と県とで連携して家宅捜索もしたそうですが、差し押さえできるものはなかったとのことです。

■庁舎管理費 1億3854万円
今話題のNHK受信料ですが、会派メンバーから戸田市の公共施設の取り扱いを確認してほしいと言われたので確認したところ、市内ではテレビモニターの数だけ契約し、複数台の設置による割引もあるそうです。ちなみに本庁舎での契約料は約10万円でした。

総務常任委員会は月曜日も続きます。

 

14184289_1060544724053328_4427818926885870616_n

[平成28年9月議会]総務常任委員会1日目

[平成28年9月議会]総務常任委員会1日目

今日は10時から、総務常任委員会1日目でした。
一般質問は昨日で終わり、今日から4日間の常任委員会の審議が始まります。
9月議会は決算があるので、常任委員会のボリュームがあります。
一般質問を終えすぐに総額700億円を超える決算を見ないといけないので大変ですが、今回はインターン生に下調べをしていただいたので作業が進みました。

今日の総務常任委員会での議論で興味深いものをお知らせします。

■広報費ーふれあい戸田(総額約1800万円)
毎月1回10分のテレビ番組の製作費(約925万円)、放映料(2社合計約887万円)です。視聴率は1、2%だそうです。総務常任委員会に入って知った事業で、確かにもう何十年も続く伝統のある番組で戸田市の魅力を発信してきた実績があるようですが、市の広報費約4879万円のうち約1800万円かかっており、私は抜本的な見直しが必要だと以前より指摘しています。広報費約4879万円は広報誌の制作(約2408万円)とこの「ふれあい戸田」(約1812万円)でほぼ占められています。「ふれあい戸田」を見直しその分広報誌の全戸配布費用に用いる等、広報費(約4879万円)を何にどのくらい使うのか今一度見直す必要があると指摘・要望しました。

■選挙費ー知事選・県議選(各々約2800万円)、市議選(約8833万円)
知事選・県議選ではともに約2800万円程度がかかって、それぞれ投票率は24.8%、35.5%だったそうです。かかった費用を実際の投票数で割って一票のコストを出してみたら面白いのではないかと思いました(異論はあるでしょうが)。ちなみに、来年1月の市議選では立候補者36人を想定し、総額約8833万円を計上しています

■「総合振興計画」印刷製本費(約92万)
市は多くの事業計画等を発行していて、事業計画の最上位にあるのが総合振興計画です。その冊子の印刷製本費です。フルカラーでデザインも良く見やすい冊子ではありますが、その印刷コスト500部で約92万円、つまり1冊約1800円という点を指摘しました。しかもこれは欲しいという市民の方に差し上げておらず、インターネットで印刷するしかありません。パソコンを持っていても数百ページの印刷は大変ですし、冊子の質を落として費用を抑えて必要な方に差し上げることはできないか等も確認しましたが、過去1冊1000円で販売したこともあったがほとんど売れなかったとのこと。。。市の事業計画が全体的に把握されていないことは市議1年目で指摘し、一覧を作成していただきましたが、その印刷コスト・配布方法も見直す点があるのではないかと・・・。難しいものでしょうか。

総務常任委員会は明日も続きます。

soumu

[平成28年9月議会]総務常任委員会

[平成28年9月議会]総務常任委員会

その後、総務常任委員会です。
市役所から報告案件があり、急きょ開かれることとなりました。
主な報告案件は、公共施設等総合管理計画と公共施設再編プランの概要案です。
公共施設総合管理計画は、国からの要請で各自治体がそれぞれ持っている公共施設等(主にハコモノとインフラ)の管理計画を立てるものです。
〇総務省ー公共施設等総合管理計画
http://www.soumu.go.jp/iken/koushinhiyou.html

戸田市ではこれまで進められてきた公共施設ファシリティマネジメントと同じ流れになります。

各自治体では過去につくられた公共施設・インフラが老朽化し、その維持管理費等が将来的な人口減少社会において自治体に大きな負担となるおそれがあり、今のうちからどのように整備していくか決めなければなりません。
戸田市でも将来的には公共施設の維持管理だけで平均年100億円がかかると試算されています。
それに上下水道等のインフラもあわせれば更に負担は大きくなります。

今回示された公共施設管理計画と公共施設再編プランは、大きな基本方針のもと施設の役割や機能を集約化・統廃合し、中長期的な視野で管理していきます。
こういうと聞こえはいいですが、要するに行政でできること、民間にお願いすることを整理して、施設の統廃合や外部委託を進めるものです。

これは本当に大きな話で私から主に4点指摘をしました。
●1点目 市内の主要な公共施設(小中学校等も含む)について方針が示されているので、議会や市民の皆さんへの周知を迅速かつ丁寧に行ってほしいこと。
●2点目 再編プランだけを見ると削減の方向性ばかりが強調されるきらいがあるが、そもそも「公=悪い、民=良い」というわけではなく、”民”ができない部分を”公”が補う責任もあると思うので、「”公”が行うべきはなにか」ということを今一度しっかり考える必要があること。
●3点目 将来的に小中学校が地域の公共施設の拠点となることが見込まれるが、市長部局と教育委員会部局で共通認識ができているかを確認する必要があること。
●4点目 「公共施設等」というとつい目に見える公共施設(ハコモノ)ばかりが目を引くが、目に見えないインフラ(特に上下水道)の老朽化も大きな問題で、こちらにも焦点を当てる必要があること。

パブコメは12月中旬を予定されているそうですが、今後の動向に注目していきたいと思います。

soumu

[平成28年6月議会]交通対策特別委員会

[平成28年6月議会]交通対策特別委員会

今日は10時から交通対策特別委員会です。
交通対策特別委員会では、tocoバスを調査テーマに入れ活動しています。
先日乗ったtocoバス試乗会の検証を各グループで行いました。
私のグループは南西循環・西循環でしたが、①さくらパルを経由すること、②戸田公園駅での乗り継ぎをしやすくし、乗換路線図を設けること、③車内電光掲示板での路線図の表示、④車内張り紙をきれいにすること、等を提案しました。
この他、個人的にはスイカでの支払いをできるように、西循環を「南循環」に&南西循環を「中央循環」に名前を変えてみてはどうか等も提案しました。
各グループでの意見を次回以降また取りまとめていきます

〇[交通対策特別委員会]tocoバス試乗会
https://konnomomoko.com/activity-report/assembly/9845/

kotu

[平成28年6月議会]総務常任委員会

[平成28年6月議会]総務常任委員会

今日は10時~総務常任委員会です。

6月議会は議案等が少なく常任委員会は1日のことが多いです。

本会議に上程され、総務常任委員会に付託された議案の審査や市役所からの報告事項等を審査しました。
審議の一部をお知らせします。

◆戸田市外部評価委員会条例
行政内部で行っている行政評価を評価する外部評価委員会を設置する条例。内部評価の客観性・透明性を確保するとともに、職員の行政評価能力を向上することを目的とします。
私からは何点か質問しましたが、会議の公開・議事録の作成はするとのこと、外部評価の結果を市役所内部で参考にしPDCAサイクルに組み込んでいく、年間5,6回の開催予定とのことでした。

◆行政手続における個人番号利用法に基づく個人番号利用・特定個人情報提供条例
マイナンバー制度に伴い自治体の独自利用項目を増やす条例。介護保険サービス特例助成金、奨学資金貸付、入学準備金貸付、特別支援教育奨学奨励費を追加するもの。
私からは何点か質問しましたが、今後の国の指針等により少しずつ項目が増えていくようで、その都度周知をするとのことでした。

◆〈平成27年度補正予算〉戸田東小・東中学校会改築工事設計業務(総額2億1000万円強)
戸田東小・東中学校の改築工事の設計を行うための予算。質疑の中で、平成33年度開校予定で建替え・一貫校化が明らかになったものです。施設一体型の市内初小中一貫校化、児童生徒数約2000人規模、建て替え費用約60億円で、平成29年度以内に設計業務終了予定。
質疑等で私も取り上げましたが、やはり唐突感は否めず、私からも市民・議会への丁寧な説明を要望しました。
共産党、無所属一人会派の方お二人が退席されました。

◆〈平成27年度補正予算〉ネットワーク基盤保守業務等(約9000万円)
日本年金機構情報漏えい等を受け総務省から抜本的強化を求められ、パソコンをネットワークから切り離す等整備する予算。全額市の予算。
私からは、日本年金機構の情報漏えい等は国のミスであり、そのための改善策をなぜ市が全額自己負担(国庫予算なし)でやらねばならないのかと指摘しましたが、市としても国庫予算を要望したものの、インフラ整備については自治体の負担ということだそうです。

この他、市長公約(平成27年度完了予定)の達成率が100%だったこと、政策研究所の研究結果を報告していただきました。

soumu